映画・演劇の広告

広 告
戻る

当時の娯楽の代表は映画と演劇である。それだけ一般市民に対する影響力も強く、為政者としては利用しない手はなく、検閲によって当局に批判的なものは一切できず、逆に国策にあった内容のものを強制された時代であった。映画制作会社は、昭和17年に戦時企業統合により、新興キネマ・大都映画・日活製作部門が合併した大日本映画製作株式会社が誕生し、松竹、東宝の3社体制となった。

吉本興業の広告
この頃には全国に直営劇場や事業所が60か所に及んだという吉本興行であるが、戦争の影響を受け、芸人の出征や戦災により劇場を失うなど苦難の時代であった。「楽劇隊」も敵性語排斥の影響で「吉本ショウ」を改名したもの。内容も時世に合わせ「撃ちてし止まむ」である。

内容
「吉本楽劇隊 撃ちてし止まむ 陸軍記念日特別公演
1日より 横浜花月 圧倒的凱歌を奏して愈々白熱化せる吉本楽劇隊 春の三本立て 軽喜劇 磯村幸夫作並演出 1新婚環状線 三景 新喜劇 丸山いさむ作並演出 2撃ちてし止まむ 三景 音楽劇 瀬川與志作並演出 3椰子の実 六景
1日より 花月小劇 大空ヒットの対話集団 新婚民謡めぐり 
曽我廻家一奴一座 喜劇心の隣組 二場
漫才:志恵子・新太郎 染和・染代 漫芸:玉子・美聲子 小松・松太郎 浪曲:木村重正 漫才:道雄・一歩」
掲載:昭和18年3月 
横濱宝塚劇場の広告
この頃はどこを見ても「撃ちてし止まむ」である。「止まん」と「止まむ」と二通りの表記があるが意味は同じである。

内容
「撃ちてし止まん週間 三月四日大公開!
闘魂世界を圧す 陸鷲ビルマ戦の敢闘! 文部省推薦映画 陸軍航空戦記 陸軍航空本部後援
われらの闘志 ここに結集す! 長編文化の野心作 撃ちてし止まん 陸軍省報道部後援
横濱宝塚劇場 電話(3)五四六六」
掲載:昭和18年3月 
横浜日活館の広告
「桃太郎の海鷲」とは、昭和18年3月25日に公開された日本初の長編アニメで上映時間は37分である。真珠湾攻撃を桃太郎の鬼退治になぞらえてアニメ化したもの。「闘う護送船団」は実写記録映画であるが、この2本立てで上映された。
制作会社は藝術映画社で、監督は瀬尾 光世。日活とは、大正元年創立の「日本活動写真梶vのことであるが、この時期、制作部門は戦時統合によって合併し大日本映画製作株式会社となっている。

内容
「明日同時封切の二大巨編
日本最初の長編漫画 この映画を決戦下 小国民に贈る
桃太郎の海鷲  闘う護送船団」
掲載:昭和18年3月 


⇒ページのトップへ