非常時に因んだ広告

広 告
戻る

「非常時」は満州事変の頃から使われてきたが、支那事変により相当数の兵力を大陸に派遣し本格的な戦いに突入、更に南京陥落以降、泥沼の戦争状態となり、最終的には米英と戦端を開くことになる、 国内では質素倹約、銃後の護りが叫ばれ、国民精神総動員、挙国一致体制が作られていった。広告もこれらの世相を反映していくことになる。

シボレーの広告
日本ゼネラルモータースは昭和2年に設立された。全ての部品を輸入し、日本では組み立てのみ行い販売していたが、昭和16年の太平洋戦争開戦に伴って撤退した。現在の日本車の特徴である頑丈で経済的というのが当時のアメリカ車の特徴であり、 これが非常時に合致するという宣伝文句であった。イラストは当時の最新兵器、航空機(爆撃機)の編隊を従えた乗用車を描いたもので、力強さをアピールしている。

内容
「たゝの良車に非ず 徹底的の経済車シボレー
"一銭の節約は一銭の儲け"と言う諺がありますが、ガソリンに、オイルにそして維持費に、より多く節約出来る眞の経済車を使用することは、単に経費の節約となるばかりでなく、とりもなおさず非常時国家総動員の眞精神にも合致するものであると存じます。
シボレー特約販売店 神奈川自動車株式会社横浜市中区宮元町二ノ三二 電話長者町(3)6860
日本ゼネラルモータース株式会社」
掲載:昭和12年12月 
練炭の広告
練炭とは、今は見かけなくなったが、石炭を粉末にして、レンコンのような穴をあけた円筒形に成形した日本生まれの燃料である。ミツウロコは現在まで続くエネルギー関連会社であり、創業は大正15年、三鱗練炭原料(株)である。

内容
「非常時局の燃料は練炭に限る 練炭はミツウロコに限る
練炭 各種取揃へて御座います
(ミツウロコ)印にご注意ください
中区浦舟町(電停前) 横浜練炭株式会社 電話(3)四一四七番」
掲載:昭和12年12月 
宮田自転車の広告
今に続く老舗自転車メーカの広告。ギヤエムのマークは明治36年に登録。明治16年に国産初の自転車を販売し、戦前はオートバイも製作していた。太平洋戦争期は軍需工場に指定され、ゼロ戦の脚部の製作も請け負っていた。 現在は、モリタホールディングの子会社となった後分社化し、株式会社ミヤタサイクルとなり、自転車の製造を続けている。

内容
「非常時の足  虚飾を排し 国策に副う 宮田の新車
ギヤエム愛国行進車
本車には美麗な愛国行進曲歌詞が添えられています
東京・神田・仲町 株式会社宮田製作所東京支店」
掲載:昭和13年4月 
味の素の広告
「戦いはこれからだ」、「料理にも戦時体制」と戦意を昂揚させる言葉を効果的に利用している。 イラストも街角で千人針を縫う女性達を使うという、戦時体制そのものの広告である。

内容
「戦いはこれからだ!
料理にも戦時体制 お料理には味の素を十二分に御利用下さい!調味費はグッと減ります。美味さはズッと増します。酷暑に鈍る食欲も、この味で、全く救われます
味の素(登録商標) 宮内省御用達 味の素本舗 株式会社鈴木商店」
掲載:昭和13年7月 
味の素の広告
「梅干・むすびは国策線」の表現は、質素倹約が奨励(強制)されていた世相を反映している。」 日の丸弁当はおかずがないため、ご飯に味の素をかけて食べるとは悲しい状況である。

内容
「腰の弁当伊達ではないよ 梅干・むすびの国策線。包み開いて味の素パッパと降らせば、弁当の味覚(あじ)も日本晴れ!
お山は晴天・弁当はうまい 味の素
宮内省御用達 味の素本舗 株式会社鈴木商店」
掲載:昭和13年8月 
ゴールデンバットの広告
資源節約の時勢に合わせた広告。

内容
「小型包装のゴールデンバット発売!
物資節約の趣旨により
吸口なし小型包装のゴールデンバットを売始めました……先ず六大都市から売始め製造数量の増加に伴い順次売広めて参ります
吸口御入用の方のために別に吸口を煙草店に配給してありますから御□意に御使い願います
専売局」
掲載:昭和13年9月 
丸峯靴店の広告
中古革靴店が存在したということは、当時は革靴は高級なものであったのだろう。 経済は足元から!という文句からもわかるように、質素倹約のご時勢であり、靴ひとつとっても無駄にしてはいけないということ。これは現在にも通じるリユースである。

内容
「まづ足が第一!
●経済は足元から! 時代は非常時です
安くて安全な中古革靴 八十銭より三円五十銭位 ハマは麦田町の安売元中古専門店にお出で下さい
靴の安売元 丸峯靴店 横濱市中区麦田町二、市電停際
捨てるような靴も高価に引取ります」
掲載:昭和14年5月 
日産自動車標語発表の広告
ガソリン規制により、ガソリンの一滴は血の一滴といわれ、バスやトラックの燃料は木炭や薪に切り替えられていったご時勢であり、 「薪炭車に最適」という文句に現れている。 また、愛国、国産が強調されているのも当時の世相を表している。

内容
「応募総数406,094 ニッサン標語入選発表!
強いエンジン・薪炭車に最適
曩に当会社が、国産自動車工業の躍進確立、国産信頼、国産愛用、自動車愛護等を基調としニッサン自動車の 優秀性を昂揚したる標語を求め、広く御応募を願いましたところ、本邦は元より遠く満支各地よりの御応募総数 四十万を□□致しましたのは洵に光栄と致すところであります。爾来厳選の結果今回左記の如く当選決定を見ました。 ここに応募者各位に厚く御礼申上げ更に今後の御愛顧を深く希う次第であります。審査員〜
一等(賞金百円)一名  旗は日の丸 車はニッサン   埼玉県本庄町二七五五 清水茂殿
二等(賞金五十円)二名  断然コクサン 当然ニッサン   神戸市須磨区松風町三丁目十五 喜多□太殿
                 舞台は大陸 時代はニッサン   長崎市外三重村 田島□樹様 
三等(賞金二十円)十名〜
横浜営業所 横浜市中区桜木町 電本二二四七・三六五三 川崎販売所 川崎市池田町 電話三一二二 横須賀販売所 横須賀市深田町 電話一八六九 日産自動車販売株式会社 東京丸ノ内
掲載:昭和14年5月 
ニッサントラック及びバス の広告
同年5月には標語募集を行った日産自動車であるが、燃料報国を用いて自社の薪炭自動車の優秀性をアピールした広告。

内容
「燃料報国 ニッサン 薪炭自動車隊  強いエンジン薪炭車として最適
燃料問題の解決は、我国現下の一大緊急時であります、之が対策の一助として、日本薪炭自動車協会では、今回商工省燃料局指導の下に、薪炭自動車の長距離運行性能試験を兼ねた普及宣伝走行を実施することになりました。之に参加した国産車中二十数輌のニッサントラック及びバスは、全国の代表的薪炭ガス発生炉二十余形式を架装して、本州東西両半部、北海道、九州、四国の五班に分れて全国を隈なく巡回、商工省燃料局係官も之と行を共にせられ、至る処で薪炭自動車に関する指導講演会を開催致しますがその内の北海道班は既に大成功裡終了し、本日二十日には本州東西両班が、東京と大阪から一斉に出発し、東日本班は、水戸より東北六県を巡歴、新潟、長野、愛知、静岡、神奈川各県を経て、十月十一日東京帰着の予定であります。 経済的強力車として知らるるニッサントラック及びバスはその強力なるエンジンと、高度の圧縮比に基き、薪炭車としても最も優秀なる機能を発揮する事を見極めて戴く絶好の機会でありますから、篤と御高覧の上、この際薪炭、ガス発生炉を架装するに最も適したニッサントラック及びバスをもって、燃料国策に一段の御協力の程幾重にも願上ます。
日産自動車販売株式会社 横浜営業所 横浜市神奈川区高島通一丁目 電神奈川三三三五…九  川崎販売所 川崎市池田町 電話三一二二 横須賀販売所 横須賀市深田町 電話一八六九 」
掲載:昭和14年9月 
オゾン美顔術の広告
オゾンの殺菌効果を使った美顔術であるが、質素倹約、贅沢は敵といった戦時下といえども、女性の美への追及は強いことを実感する。

内容
「戦時下です!華美な化粧をしないでください
真から美しい健康美となるオゾン美顔術
お化粧以上の効果です
イセザキ町・有隣堂裏 横浜 壽美容院」
掲載:昭和15年9月 
婚礼支度の広告
新体制に即したということなので、内容は不明であるが通常より簡素なのであろう。 また、注目すべきは「御祝儀全廃」であり、これも結婚式の質素倹約に向けた取り組みの1つなのであろう。

内容
「御婚礼御支度
新体制に即した 御化粧御着付御調髪共一式 金十円 御祝儀全廃
御便利な貸かつら及かもじ花笄、角かくし等取揃えて御座います
衣裳其他御相談に応じます 出張御来店共に承ります
横浜伊勢佐木町 有隣堂裏 壽美容院」
掲載:昭和15年10月 
ストロングの広告
織物の補強液とは、詳しくは不明だが推測するに、繊維を強くすることで、耐久性を増すよう代物であろう。

内容
「ストロング 資源愛護は家庭から!
織物の補強液 国立工業試験所補強証明 嘉悦孝子女史実験推奨  真に国策に順応する最新発明 神奈川県下配給所大募集 説明書 加工見本 郵便十銭 大同化学工業所」
掲載:昭和15年11月 
廃物再製の広告
内容から、ぼろ布再製業者の広告のようである。資源を無駄にしないことは重要な国策であり、それを前面に出している。ウエストとは現在のウエスのことであろう。

内容
「工場用ウエスト再製 
廃品リンク制の特長 国策協力 統制実施 廃品再製 資源確保 脱油完全 乾燥充分 歩留り良 料金低額 (御報社員参上)
横浜市中区永田町一九四一 内外繊維工業所」
掲載:昭和15年12月 
ふくらし粉の広告
質素倹約の時局に合わせ、節米して代用食が盛んに宣伝された。特にうどんやパンなどの小麦粉食が推奨され、少ない材料で大きく見せることができるふくらし粉も重宝されたのであろう。

内容
「国策代用此の逸品
代用食にふくらし粉 アイコク ベーキング・パウダー 推奨 神奈川県新聞社
販売所 川崎市小川町 濱屋合名会社 横浜市吉田町 中屋合名会社 横浜市若葉町 金田屋商店」
掲載:昭和16年1月 
国民服の広告
国民服とは、昭和15年11月2日の国民服令で定められた日本男子の標準服であり、平服でも儀礼服でもこれ一着で間に合うとされた。甲号と乙号の二種類が制定されていた。

内容
「国民服専門裁縫部 甲号 乙号
注文専門部、既製品卸部(月賦ノ便アリ)
正月には新体制に制定せられたる国民服にて!!
〇新興紡績生地一手販売所……神奈川〜 マルカ 川崎市新川崎四ツ角 洋服百貨店 電話川崎二七〇七番」
掲載:昭和16年1月 
ラジオの広告
JOAKとは日本放送協会のコールサイン。因みに戦前は日本放送協会1局であった。また、戦前は、ラジオを聞くには許可が必要であり、聴取料(受信料)も必要であった。そのため、ラジオ販売店が相談所となっていたのであろう。芝山ラジオ電気商会は昭和14年1月に「備えよ銃後!!一家に一台!」という広告を出している。

内容
「JOAK指定相談所 ラジオは完全な機械で 
備えよ時局に! ラジオに新聞に!
〇新興紡績生地一手販売所……神奈川〜 芝山ラジオ電気商会 中区羽衣町電停前 電話 □)6648番」
掲載:昭和16年1月 
味のホンの広告
新型液体調味料で、従来の鰹節、醤油などと比べて、低価格で経済的というのを新体制と旧体制を利用した比較として具体に数字で表現した斬新な広告。 名称は、味の素をパクリか。

内容
「万能液体調味料 味のホン 
一日三度の食事は人体に栄養を給与するためであり又一家団欒の中心である以上当然美味であらねばなりません。 御料理の秘訣は申すまでも無く各々材料の中に潜んでいる持味を巧みに生かして甘味辛味酸味渋味苦味の五味と味覚見覚感覚の三位一体の調和を計り其の上栄養と経済を充分考慮したものでなければなりません。そこに御料理の難しさが有る訳です。
 〜  横浜市中区花咲町一ノ四七 株式会社 望月商店」
掲載:昭和16年1月 
キング乳剤(農薬)の広告
敢えてカタカナを使い、ひっ迫感を強調している。

内容
「新強力農芸用殺虫剤 専売特許 キング乳剤
護れ! 農作物  戦時下食料問題ノ解決ハ農作物ノ増産!農作物ヲ虫害ヨリ護れ!!ニコチン剤・デリス剤等輸入農薬ノ払底ヨリ救ウ唯一ノ国産農薬! 総テノ農作物ノ害虫ニ有効ナルキング乳剤!! 〜 帝国除虫菊株式会社」
掲載:昭和16年1月 
セルロイド廃品再製の広告
広告元がないが、セルロイドとは、史上初のプラスチック素材であり、多くの製品に使用されていたが、燃えやすいことから近年耳にすることがなくなっている。昭和初期には日本が生産量世界一であったようだ。
歯ブラシの柄や玩具はセルロイド製品の代表であり、これらを回収してセルロイドに再生することが、金属資源の節約のためにも重要であった。

内容
「セルロイドの廃品は再製原料に!
玩具や歯ブラシの廃品は屑屋さんに払って下さい」
掲載:昭和16年2月 
愛国ベーキングパウダーの広告
代用食として重宝されたベーキングパウダーの広告であるが、ユーモアたっぷりの判じ絵で書かれているのがユニークである。

内容
「節米協力 代用食に国産ふくらし粉 愛国ベーキングパウダーを使いましょう
水一合強+味噌10匁+砂糖少々ヲ鉢デネル 小麦100m匁+愛国ベーキングパウダー5匁ヲヨク混合シテ鉢ニ入レ杓文字デネル 桃太郎ノベントウンノ形ニ丸メテゴハンムシデ十五分カン蒸スオトウサン オニイサン イモウトモヨココブ 代用食労研饅頭ガデキマシタ
特約販売店 川崎市小川町 濱屋合名会社 横浜市吉田町 中屋合名会社 横浜市若葉町 金田屋商店 横浜市日ノ出町 株式会社廣屋支店
百貨店、砂糖店、乾物店、酒屋、各地特約店ニアリ」
掲載:昭和16年4月 
ラジオの広告
隣組を利用した広告。公定価格とは、昭和14年に出された価格等統制令に基づき、9月18日時点の価格を上限価格とした制度で、いわゆる物価統制のこと。ラジオの製造は昭和16年がピークであったようだが、製造についても統制が行われ、昭和15年に11種類に規格化され、公定価格が定められた。

内容
「隣組から先ずラジオ 
安心のできる〇公価格(公定価格)で親切第一 月賦も歓迎
興産館ラジオ部 桜木町駅前 電(二)一七一四」
掲載:昭和16年7月 
最高級洗油液ゼンコウの広告
ガソリンは血の一滴と呼ばれる時代。木炭バスが走るなど代用品の使用が推奨されていた。この状態で米英との戦争に突入したのだ。

内容
「ガソリン・石油代用 
特長 ◇動物、植物、鉱物性如何なる油汚れも簡単迅速に落ちる◇絶対に手肌を荒さず、布類を傷めず◇絶対に金属類に錆を生せず 〜 ◇時代の寵児!!ゼンコウが何故洗油代用品として斯くも名声を拍し競って一流大工場に愛用されて居るか?◇それは何と言っても断然其の性能が他の代用品の追従を許さぬからである◇即刻御試用の上ガソリン、石油節約の国策に協力しましょう 
発売元 相模商会 ◆特約店募集乞照会 横浜市中区常盤町四ノ四四〜」
掲載:昭和16年8月 
代用自動車の広告
とうとう、自動車の代用が登場した。当然、ガソリン不使用の車両だと思われるが、写真から推測すると自転車を利用した屋根付き車両のようである。今のベロカーのようなものか、またはサイドカー式か、人力車の自転車版か。

内容
「小型自動車代用国民車時代来る 代理店募集
庄司国民車製作発売元
小田原市幸一丁目明神前 庄司商店
代理店希望亦ハ御購入希望ノ節ハ御一報次第早速参上」
掲載:昭和16年8月 
国策号 厚生車の広告
こちらも代用車であるが、自転車用の屋根付きサイドカーである。どの程度利用されたのか不明だが、馬車も復活しており、とてもこれから米英と戦果を交える状況とは思われない。

内容
「乗物不便の折即時 厚生車御試用下さい ▽転失業の乗客運搬営業用▽会計、銀行等の事務用▽医師、助産婦の往診用▽老弱病者運搬、家族の郊外散策用 本車特長 男女共運搬自由、乗心満点、風雨完全防止、体裁優美堅牢、絶対転覆の憂いなし
国策号 厚生車 セダン型、ホロ型、各種 ▽御購入に付御注意 本厚生車は「実用新案及意匠登録商標登録」しておりますから類似品は大部分 弊社の登録権に抵触する筈ですから御購入の際は特に国策号厚生車東洋商会製作に御注意下さい、目下各地に於て天下の公法に基づき論争中のもの多数あります
厚生車国策一手販売所 東洋交通社 湘南代理店 持丸良一郎 横須賀市安浦町一丁目三番地大通〜御購入御注文の節は御一報次第即刻御伺い申上げます」
掲載:昭和16年8月 
国策号 厚生車の広告
三輪乗用車とあるが、自転車の脇に箱型サイドカーを付けた様に見える。運転手が濡れてしまうところは、人力車同様であるが、電動アシスト付にすれば現代でも結構使えるのではないだろうか。 

内容
「三輪乗用車 高級快速 国策号 厚生車 各種販売 ◎営業用 ◎自家用
体裁優美ノ点 乗心地ノ快適ノ点 他車ノ絶対ニ及バズ処デス
カタログ請求御遠慮下サイ 
厚生車関東販売店 東洋交通社 横浜市中区尾上町一丁目九番地」
掲載:昭和16年11月 
唐沢金庫店の広告
兵器製造の為に鉄の使用がはばかられた時代。それを前面に出した広告、非鉄金庫とはいったい何でできているのだろうか。

内容
「鉄は国家へ 前線へ! 耐火三千度! 防盗装置完備!
非鉄非木金庫  ●目下特売中(呈カタログ) 横浜市内一店限特約店募集
タゴー金庫発売元 唐澤金庫店 東京市本所区小梅一ノ一 電話墨田七七九五番」
掲載:昭和16年11月 
サンキング液の広告
塗るだけで新品同様に生まれ変わるという、なんとも夢の様な商品である。しかも皮だけでなくスフ製のズック、地下足袋、雨合羽、エプロン等も完全防水し、耐久力が七倍以上と新聞記事にある。

内容
「◇=皮類の大切な時代です是非更生させましょう=◇
何故サンキング液がこんなに大評判か? それは今迄各御家庭で出来なかった「古皮革製品、レザー製品、代用皮革製品」等の色揚げ染替が、ドナタ様にも簡単に新品同様に更生できるからであります!!
◆皆様のトランク、ランドセル、ボストンバック、カバン、ハンドバック、エナメル革草履、化粧ケース、ポーダブル、レコードサック、楽器類サック、皮製椅子の様な大きな物からバンド、蟇口サイフの様な小さな物迄自由な色に塗替えられます ◆キレイに色艶を出し完全な防水にもなります、一度御試し下さい ◆色種類=黒、チョコレート、グリーン、コバルト、セピヤ、レッド、白、艶出、九種(目下野澤屋一階にて宣伝発売中)
神奈川県一手発売元 相模商会 〜」
掲載:昭和16年11月 
代用自動車の広告
8月に続いて出された広告。微妙に修正されている。リヤカー式、またはサイドカー式とあるので、仕組みが判明した。写真を見る限りこれはリヤカー式である。医家用というのが興味深い。

内容
「リヤカー式及サイドカー式小型自動車代用国民車時代来る
営業用 自家用 医家用
庄司国民車製作発売元
小田原市幸一丁目明神前 庄司商店
代理店、販売、希望亦ハ御購入希望ノ節ハ御一報次第早速参上」
掲載:昭和16年12月 
風鳥メールの広告
ふうちょうとは一般的に極楽鳥のことであるが、イラストはクジャクである。勘違いか。贅沢禁止からお洒落もはばかられるご時世。これを逆手にとった隠し化粧という言葉。憎い広告である。
ホウ酸が入っているようだが現在の化粧品基準では禁止されているようだ。また、ホルモン配合というのも危険な香りがする。なお、宇野達之助商会は、タンゴドーランの会社である。

内容
「おしゃれ厳禁派手禁物 の中年婦人の隠し化粧はメールに限ります ホンノリと上品にツケたとは見えない清楚な色白さ!
風鳥メール ホルモン配合・ホーサン美白クリーム
改正公定価格 大瓶八九セン 小瓶五四セン 株式会社・宇野達之助商会・大阪・東京」
掲載:昭和16年12月 
物資不足に対応した広告
物資不足を当て込んだ怪しげな広告である。

内容
「乾電池更生液 見本送共七十銭要
よく切れ安い かみそり 十本六〇百以上三銭五厘
◎丈夫で安い布靴小一七〇
代用地下タビA印 送共一円二十銭 白以上九六銭 代用地下タビB印送共一円二十銭百以上九八銭 
とてもヨク落ちるミガキ石鹸 十個送共二円二十銭卸十一銭五厘三百個以上
竹皮製靴中敷十足送共一円五十銭
大阪西区南堀江下通四丁目四三 宣伝商事」
掲載:昭和17年2月 
粉末インキの広告
心をくすぐるような高尚な言葉を羅列しているが、怪しげな商品ではある。 粉末顔料なら今でも存在するが、インキとあるので、ペン用のインクが粉末になっており、水などで溶かして使用するものと思われる。

内容
「粉末インキ 新興国策愛国品
資源愛護・節約本位 時局即応・国利民福 高尚事業
地方特約店募集 傷痍軍人歓迎
何れも希望者郵券同封申込を乞う 見本及□□□呈す販売懇切指導
大阪港区音羽町二ノ一五 粉末インキ販売 丸文国産営業所」
掲載:昭和17年2月 
筆の母の広告
実物は不明であるが、どうやら携帯用の筆、今でいう「筆ペン」のようなものであろうか。 横須賀市内の広告欄コーナーに掲載されているせいか、横須賀市内の特約店が掲載されていて興味深い。立川紙店は今も京急線汐入駅前に当時の建物で現存している。

内容
「筆の母
筆人として穂先の乾かぬ 携帯に便利な 筆置を兼ねた
定価 大 六十銭 中 四十五銭 小 三十五銭
特約店 (さいか屋 荒井文具店 信濃 )
(成田文具店 立川紙店 追浜駅前 三枝商店)
(鎌倉八幡前邦栄堂 田浦町省線ガード際 曾根文具店)」
掲載:昭和17年2月 


⇒ページのトップへ