実業之日本の広告

広 告
戻る

「実業之日本」は、大日本実業学会(現在の実業之日本社:明治30年6月10日創立)によって明治30年6月10日に創刊されたビジネス雑誌である。 当初は月刊であったが、明治32年から月2回の発行となる。平成14年以降休刊となっている。 他紙のような国威発揚、戦意昂揚的な論調は見当たらず、ビジネス雑誌らしい冷静な切り口の記事が並ぶ。
同社の小史によると昭和10年代には『少女の友』と昭和12年創刊の『新女苑』が若い女性に人気を博していたようである。

実業之日本三月一日号の広告
英国の東洋経営の拠点シンガポールを陥したことで、英国に代わりに南方を経営するという視点が中心になってきたようだ。

内容
「南方の現実を語る マレー飯塚繊維社長 ヒリッピンダバオ日日副社長 ビルマ 山田貿易社長 南方進出の心構え商工次官 〜 日本地政学と太平洋戦 財界夜話 陸海軍の南方経営ブレーン 弱点を暴露したアメリカの政治と国民性 シンガポール陥落と株式投資 造船株と造機株 衣料切符制と生活更新 私の衣料切符活用法〜」
掲載:昭和17年2月 
実業之日本三月十五日号の広告
ビジネス面からみると戦争の行方は最大の関心事であろう。開戦後3か月であるが早速特集が組まれている。

内容
「大東亜戦・今後はどうなる 出席者 法学博士 陸軍少佐 海軍中佐 東京日日総務部長 国際汽船取締役 〜 初期経済学者の南方計略論 経済変化の方向=民間経済の二分野 南方華僑の経済力 米・英・蘭東亜侵略史物語 上智大学教授 長期戦と国民生活の簡易化〜
定価四十銭(送一銭五厘) 東京銀座実業之日本社」
掲載:昭和17年3月 
実業之日本四月一日号の広告
経済面からの南方進出に向けた記事が多いなか、身近な生活記事も盛り込まれているのが面白い。

内容
「〜 軍票の話 サラリーマンと戦時生活 身のまわり品長持ち法 女子経済専門学校教授〜転業対策の積極的意義」
掲載:昭和17年3月 
実業之日本四月十五日号の広告
経済誌らしく、株式のことや中小商工業の再編成など経済記事がならぶ。

内容
「〜 能率・生活・生産 増産現地報告◇少肥・多穫◇機械化を中心に 北米大陸封鎖 わが南進論 対日三進攻略と米英濠連合戦線 大陸株と南方株 建設戦と株式 グラビア 刀魂を鍛える(大倉鍛錬所をみる)〜」
掲載:昭和17年4月 
実業之日本十二月一日特大号の広告
大東亜戦争一周年記念。開戦1年であるが、さすが長期戦を想定した記事が多い。

内容
「百年戦争と国民の覚悟 敵を軽視するの危険 米英撃破への道 国家総力戦と国民所得 特集 長期戦と総合戦力  ▽大東亜戦略一ヶ年 ▽生産戦時代 ▽長期戦政治と思想戦 ▽戦争生活と生活戦争 ▽ 国家総力の科学的結集 特集 米・英・濠・重慶の現状を探る〜」
掲載:昭和17年11月 


⇒ページのトップへ