求人広告

広 告
戻る

戦時下ならではの求人広告をご紹介。

丸善石油株式会社の広告
戦える男子はことごとく戦場へ送られ、女性の力を借りるほかない状況になっていく。 そんな社会状況が表れた広告である。 丸善石油とは、明治40年創業の 丸善礦油部を前身とし昭和8年に設立された。現在のコスモ石油は、昭和61年、大協石油、丸善石油、旧:コスモ石油の3社が合併したもの。
丸善ガソリンと言えば、CMで使われた「オー・モーレツ」の言葉が大流行したことを覚えている。
大黒町は神奈川県が昭和11年に埋め立てた土地で、多くの工場が進出したが空襲で大きな被害を受けた。


内容
「女子も進出だ  寄宿舎完備
丸善石油株式会社横浜製油所 横浜市鶴見区大黒町二六番地
転業にも向く  福利施設完備」
掲載:昭和18年10月 
日立製作所の広告
戸塚工場は昭和12年に設立され、当初は電話機,電話交換機など有線通信機器を製造していたが、その後無線通信機械を製造するようになり、大戦中は軍用無線機を製造し、学徒動員も受け入れていた。この歴史ある工場も平成28年に閉鎖され、現在は中外製薬の研究所になっている。


内容
「働く戦士へ  寄宿舎完備
日立製作所戸塚工場 横浜市戸塚区戸塚町二一六番地
明るい慰安  福利施設完備」
掲載:昭和18年10月 
神奈川県国民職業指導所(船員募集)の広告
島国日本は海運が命の綱であり、戦時は多くの民間船が徴用され軍事物資や兵員の輸送、哨戒に当ったが、軍に徴用された民間船員の死亡率は軍を上回り、約6万人の方が犠牲になったそうである。 そのため、船員の養成にも力が入れられていたことがこの広告からもわかる。
国民指導所とは今の職安の前身であり、国家総動員体制のなかで昭和13年に国営化された職業紹介所である。昭和16年に国民職業指導所、昭和19年に国民勤労動員署と名称変更した。


内容
「敵は船員をドシドシ作ってる 十月二十七日夜 大本営海軍報道部富永中佐は其放送に「あらゆる戦力の前提要件は海運力つまり船と船員の増強にある」と叫んだ 今その船員が足らぬ、後日ではない今だ!
国家は船員に論功行賞を行う、〜
神奈川県国民職業指導所」
掲載:昭和18年11月 
日本造船株式会社の広告
最後の「戦闘配置に付け 急げ!」とは求人である。


内容
「血と涙と汗 
血を以って闘った勇士の勲に! 涙を以ってきいた感激の戦果に! 汗を以って応えよ銃後の我等は! 一億 戦闘配置に付け 急げ!
日本造船株式会社」
掲載:昭和18年11月 
日本造船株式会社の広告
前線の切迫感と求人の切実感がひしひしと伝わってくる泣ける広告である。


内容
「一億戦闘配置につけ 急げ
男も女も今こそ舟艇を造るべく起て! 明日の十隻より今日の一隻が勝敗を握る鍵なのだ その一隻を前線の勇士は待ちに待っている 徴用を待たずに決然と造船所に来れ
神奈川県職業科 横浜国民職業指導所 日本造船株式会社」
掲載:昭和18年11月 
日本造船株式会社の広告
11月から早3回目の広告である。それだけ、労働力不足がひっ迫しているということであろう。


内容
「戦線
感謝だけして居ればよいのか!戦線は銃執る勇士のみの戦闘位置ではない 戦線は銃後にもある即ち 重要工場の職場だ 十二月八日の感激を直に職場の戦線の奮激の火花と散らせねばならない 決□と戦線に付け
日本造船株式会社」
掲載:昭和18年12月 
国民職業指導所(船員募集)の広告
10月にも船員募集の広告が掲載されたが、海運は日本の命綱である。しかし、男子はすべて軍に徴用される状況で、船員の補充は喫緊の課題であった。その思いが文面に溢れ出ている。


内容
「「日本怖るべし」と敵は懸命で艦船を作り兵を送り、基地奪取にあせってる 取り返されてなるものか それには船員がいる 軍にもれた青少年は次に船員を志望すべし。然らずんば勝ち抜けぬ
国家は船員に論功行賞を行う、また船員掖済授□会も出来た。父兄指導者殊に婦人方の理解を期待す。最寄国民職業指導所と本会支部へハガキで(返信料不要)
東京都日本橋白木屋九階 船舶運営会(本会は運通大臣の命令で海運管理の一元機関)
各地国民職業指導所」
掲載:昭和18年12月 
日本造船株式会社の広告
立て続けに広告を出しているが、新年広告は、求人ではなく、戦意高揚の献納広告である。


内容
「撃滅路 必勝の新年を迎え 忠烈の大勲永へに薫る幾多勇士の英魂に応え一億の誓新なり
報復と必勝の決意は 猛然と湧き上り激情昂りて抑えることが出来ぬ 神鎮まる撃滅路をひた進む将兵と共に 生産戦に進軍するのだ 進むべき路は只一つ!! 撃滅路
日本造船株式会社 神奈川縣」
掲載:昭和19年1月 
朝鮮総督府警察官の広告
朝鮮総督府が設置した警察であるが、この時期に大増員とある。大量に内地人の警察官を必要としたのである。その理由はなんであったのか。ネットで調べると当時の警察官の6割は朝鮮人であったという説もあるがそれとの整合性はなど、確かめることはいくつかある。


内容
「朝鮮総督府警察官大増員(内地人)
〇資格 満二十歳以上四十歳迄 
〇試験 □□ナル・書取・作文・□□ 
〇待遇 初任月収賞典共平均約百二十円・家族手当一人五円宛外ニ諸手当有〜 
〇恩給〜 
〇昇進 一年ニシテ試験ノ上〜 
〇試験日 試験所 一月二十五日 静岡警察講習所〜 
〇手続 履歴書・〜
朝鮮総督府警察官講習所」
掲載:昭和19年1月 
日本飛行機株式会社の広告
旧磯子区富岡にあった飛行機工場。増産要求により人手不足であるが男子は戦地に赴き、残る女性の力に頼ざるを得ない状況が推測できる。特に、寮母、寮婦の募集は、遠方からの徴用工などの増加を物語っている。


内容
「男女従業員募集
一、勤務先 神奈川県 日本飛行機株式会社
◇職種 事務、写図(高女卒程度二十八才位迄) 寮母、寮婦(三十才―五十才位迄住込得る方)
◇工員 各種男女従業員(満四十五才位迄) 女子ハ特ニ軽易ナル作業(但技能者ヲ除ク)女子従業員特ニ歓迎ス 
一、採用地域 通勤可能区域
一、申込方法 履歴書ニ「日本飛行機志望」ト明記申込ノコト
横濱市中区桜木町二ノ二 横濱国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
昭和特殊製鋼株式会社の広告
昭和特殊製鋼とは、昭和12年設立の鶴見区生麦にあった特殊製鋼会社。守衛に軍人歓迎とあるのは時代を感じさせる。男子不足の中、女性歓迎はどこも同じである。


内容
「従業員募集
一、勤務先 神奈川県 昭和特殊製鋼株式会社
一、職種 守衛(可成四十才位迄ノ□□軍人歓迎) 女子事務員(高女卒程度) 一般従業員(満十四才以上国初卒程度モ身体強健ナルモノ)
◎女子工員・家庭婦人ヲ特ニ歓迎ス 転業者特ニ歓迎(但技能者ヲ除ク)
一、採用地域 通勤可能区域
一、申込 履歴書ニ「昭和特殊製鋼志望」ト明記申込ノコト
横濱市鶴見区鶴見町 鶴見国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
日本造船株式会社の広告
同社は、昨年11月頃から盛んに求人広告を出している。それだけ、人が集まらないということなのであろう。そのためか待遇は頗る良い。


内容
「緊急一般男女青壮年募集
勤務先 神奈川県 日本造船株式会社
職種 大工・指物師・製材工・ペンキ職 各種機械工・自動車修理工・電気工・錐工(但シ技能者ヲ除ク)
資格 満十四歳以上心身強健ナル者 ◎転業者歓迎!!
採用地域 通勤可能ナル区域(宿舎福利施設完備)
待遇 □□資金ノ外諸手当支給
申込方法 希望者ハ『日本造船志望』トシテ履歴書持参申込ノ事(応募者ニハ旅費其他支給)
横濱国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
日本国際航空工業株式会社の広告
昭和16年日本航空工業と国際工業が合併してできた航空機製造会社。京都、神崎、平塚、淀川、福井に工場を持っていた。陸軍の軍需工場として、輸送機や練習機、グライダーなどを製造していた。平塚工場では、輸送用グライダーや練習機、輸送機、戦闘機「疾風」の可変ピッチプロペラを作っていた。
戦後は民需(鉄道車両、自動車車体製作)に転換し、現在は日産車体株式会社として継続している。


内容
「従業員緊急募集
一、勤務先 神奈川県 日本国際航空工業株式会社
一、職種 一、業務員及消防員(〜人ハ特ニ歓迎ス) 二、男女工員(経歴ハ問ハズ素人ニテ可) 三、女子事務職員(高女卒程度又ハ事務経験者)(但シ技能者ハ除ク)
一、待遇 会社経理統制令及賃金統制令ニ依ル経験者ハ其ノ〜
申込方法 履歴書ニ「日航□□」ト記シ〜
平塚市 平塚国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
日本造船株式会社の広告
今月2度目の広告も戦意高揚の献納広告である。


内容
「決戦  手足萎えたる指導者に賃金値上げを叫んで軍需生産にひびをいれる敵米英の労働者!
飛躍する増産に己を捨てゝ死闘する我が生産戦士! 戦は既に勝っている 米英連合にて一機造るなら我は二機! 敵が五隻造るなら我は十隻! 断じて勝ち抜け生産戦!!
日本造船株式会社 神奈川縣」
掲載:昭和19年1月 
日産自動車株式会社の広告
現在の大企業である日産自動車の求人広告。求人広告にも標語を入れるあたりは、さすがである。


内容
「〇勝抜ケ生産モウ一押シダ〇 
一般男女青壮年募集
一、勤務先 神奈川県 日産自動車株式会社
一、職種 発動機製作・機械工其他
一、資格 満十六才以上男女 ◎要転業者ハ一定期間営業ノ傍ラ勤務シ得ル様便宜ヲ与ヘマス
一、採用地域 神奈川県下
一、申込 最寄指導所又ハ会社宛申込ノコト
横浜市中区桜木町 横濱国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
東京螺子製作所の広告
明治31年港区で操業した民需用ネジ製造会社。大正10年藤沢市片瀬に移転。戦時中は軍の共同管理工場の指定を受け航空機用のネジを製造。戦後は、戦後はミネベアに吸収され、現在はミネベアミツミ株式会社藤沢工場になっている。
職種に青年学校指導員とあることから従業員を対象とした私立青年学校を持っていたことがわかる。


内容
「一般男女青壮年募集
◇勤務先 神奈川県 合資会社東京螺子製作所
◇職種 一般男女工員(満十四才以上心身強健者) 青年学校指導員・守衛・舎監 寮母・女事務員 転業者・女子工員特ニ歓迎
◇採用地域 通勤可能区域(宿舎及福利施設完備)
◇待遇 特ニ優遇ス・採用者ニハ旅費其他支給
◇申込方法 希望者ハ履歴書持参申込ノコト
藤沢市 藤沢国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
佐倉鋼鉄工業株式会社の広告
佐倉鋼鉄とは、明治10年創業の鉄工所で陸海軍用品や飛行機・自動車の部品を製造していた。採否即日決定というのが人材の払底を物語っている。


内容
「一般男女青壮年募集
一、勤務先 神奈川県 佐倉鋼鉄工業株式会社
一、職種 板金・鍛工・鉄鋼・仕上其ノ他
一、資格 身体強健アル萬五十才未満男子及満四十才未満ノ女子(但技能者ヲ除ク)
一、作業 航空機部分品製造
一、採用地域 通勤可能区域
一、□□ 採否即日決定□□費支給ス
一、申込方法 履歴書ニ(佐倉鉄工工業志望)ト明記申込ノ事
横浜市桜木町 横浜国民職業指導所」
掲載:昭和19年1月 
海軍軍属募集の広告
「軍属」とは、軍人以外で本人の意志により職業として陸海軍に勤務する者である。内容を見てみると様々な職種がある事がわかる。勤務地は南方であり、採用されてから約2年ということは、昭和20年の敗戦までということであり、多くの方が戦死されたと推測される。


内容
「◎海軍軍属(男子・工員級)募集
一、勤務先 南方外地
一、職種 大工・舟大工・□材・石工・煉瓦・左官・鳶工〜 舟夫・抗夫・斧夫・自動車運転手。機械運転手
一、資格 十八才以上五十五才以下ニシテ〜又ハ免許証ヲ有スル者
一、待遇 海軍軍属 給与百二十円以上・家族手当(扶養家族一名ニ付五円)賞与支給・宿舎・食事・〜
一、□□期間 二ヶ年程度(現地勤務) 一、□□  □□中一定ノ期間□□ス
  一、申込方法 一月二十五日午前九時迄ニ □□・鶴見・境町各労働分所ヘ申込ノ事」
掲載:昭和19年1月 


⇒ページのトップへ