レオン洗顔クリームの広告

広 告
戻る

レオン洗顔クリームとは、昭和4年、日本初のクリーム状洗顔料として発売されたニキビ予防洗顔料であり、硫黄パウダーを練り込んでいる。 現在は、「ロゼット洗顔パスタ」と名称変更して販売が続けられている。

隣組とは、昭和15年に制度化された国民統制の末端組織。隣組で情報伝達に使用していた回覧板を利用した広告。新体制の質素倹約のご時世から、お化粧に簡素美という考え方をアピールしているのが興味深い。また、現代は、なるべく自然素材の化粧品が好まれるが、当時は科学的な効力の方が受けたのであろう。

内容
「回覧板 隣組の諸嬢(みなさん)へ 
1お化粧も新体制に 2華美を廃しましょう 3簡素美を創りましょう
朝夕、レオンをよく泡立てゝお手当下さい 科学的に強い効力がお肌にズンズゝ効いて色白の簡素美を創ります。
約一ケ月半使用量 一エン 五十セン
レオン洗顔クリーム」
掲載:昭和15年12月 
新体制下にふさわしい化粧品として、うまく理論構成した広告である。

内容
「先端を切る者は 誰?
つい、この間までは、お化粧の先端を切った者は、女優さんでした。銀幕にパーマネントをかけた髪、目隈をつけた顔を見て、世の諸嬢が、早速、我遅れまじと真似した訳です。 新体制下、女優さんでも、けばけばしい服装、毒々しいお化粧はごはっとです。 今は−全然、白粉なしか、薄化粧が推奨されています。 でも困るのは、お肌が酷く黒かったり、肌アレやニキビ顔では−こんなお肌は、いつの世でも自慢にはなりません。 早速、美白、殺菌力の強いコロイド硫黄を応用した、レオン洗顔クリームでお手当なさって、色白肌を創るのが非常時下に最も適した美肌法と言えるでしょう。つまり、科学的なレオン洗顔クリーム で磨かれた色白肌の所有者が、時代の尖端を切る訳です。 公定価格・一円五十銭 ★百貨店・化粧品店にあり」
掲載:昭和16年1月 
レオンは、簡素な化粧と美白を盛んに訴えているが、今に通じるものがある。戦闘機との取り合わせは腑に落ちないが、これも時代なのであろう。

内容
「簡素美をおすゝめする訳
「私は銃後の女性よ」とおっしゃりたいのなら、みだしなみを通りこしたお化粧や服装は、先づ止めて戴きたいもの!
邁進している時代 への認識と共に、品性向上のためにもお肌の色黒ニキビ、肌アレの顔は、科学的に美白力、殺菌力の強いコロイド硫黄を応用した……
レオンの洗顔で 素肌から色白く美しくして時節向の簡素化粧を、致しましょう。
レオン洗顔クリーム 公定価格・一円五十銭 ★全国の百貨店・化粧品店にあり」
掲載:昭和16年1月 
化粧法が変わったことを殊更に強調している。従来の美しく塗りこなすのをフランス流化粧法と表現しているが、美容はフランスというイメージがこの時代からあったというのが面白い。

内容
「化粧異変
〜 今 お化粧上手と言われるには、幾ら良い白粉や紅や技巧があったとしても落第!―。 いはんやフランス流の化粧法に於いてをやです。まづ、一切の虚飾を捨て去った。
日本女性 本来の清楚さ、簡素の中の美しさを創ること……それだけが問題になったのです。サア!科学的なレオンで、貴女の本来の美しさを磨き出して下さい。レオンこそ、色黒、ニキビ、肌アレなどを、芯から色の白い艶肌にする純国産の簡素美顔料なんですから。
レオン洗顔クリーム 化粧品店・百貨店に有り★公定価一円五十銭」
掲載:昭和16年2月 
手を変え品を変えて、化粧法が変わったことを強調してくる広告である。昔の暗い照明の下ではケバケバしさが必要であったが、明るい電灯の下では、逆に色白の素肌美人が好まれるとは、納得の理論展開である。

内容
「素肌美など問題にせぬ時代もあった
だが今は 行燈がランプになり、ランプがガス灯になり、そして遂に電灯の時代になった様に、お化粧も白粉化粧のケバケバしさから次第に清楚なそして明るい素肌の白さが問題になって来たのです
レオン洗顔クリーム 有名薬店・化粧品店及百貨店に有り★公定価一円五十銭」
掲載:昭和16年2月 
この表現、時代に合った女性像を作り出そうとしているのか、それとも、便乗しているのか、研究が必要である。

内容
「翼賛型美人とは…
先づ、体はがっちり、豊かな胸元で、姿勢を正しく、背すじを伸ばし颯爽とふるまっていただきたい。
そして……眠れぐっすり夢みずに疲れは睡眠によって、すっかり去って終えば、精神は清く、明るく朗らかに、心の動きは生き生きとなり、健康に一日中、家庭にも、職場にも働けるわけ― 
勢い、お顔も健康に輝き、「顔と姿の美しさ、それは飾らぬ自然から」の翼賛型の美人が創られるのです。
健康な色白肌を創る レオン洗顔クリーム 公定価一円五十銭(売薬部外品)」
掲載:昭和16年4月 
時代にかかわらず、女性にとって美を追求することは、普遍的な目標である。そんな女心をくすぐる文章を連ねる広告は、現代に通じるものがある。

内容
「磨き出す素肌の美
昔の女性ほどお肌を可愛がり、心をこめて磨いたのです。それは今のようにクリームもなければ、石鹸もなかった時代ですがら、もみの糠袋でたんねんに顔から襟脚のすみずみまで気長に洗い、素肌を白く美しくしようと勉めたのです。
蓋し貴い時間をそんなにお化粧に使うことは今の女性には許されません。それで時間がかからずに素肌から美しくする美顔料で白粉の助けを借りない色白肌を創るように致しましょう。 〜」
掲載:昭和16年6月 
レオンの広告によると、色黒やニキビは醜いという美意識であるが、これは、現代にも続いているようである。

内容
「飾りなき素肌美
口紅や頬紅はあまり赤くてはいけない、白粉を厚くぬっては非常時らしからぬ、それ髪をあまり縮らしてはいけないと、お化粧も全く「いけないづくめ」になって終いました。気が引ける思いで厚化粧される方もないでしょうが、お肌が醜く黒かったりニキビや脂顔で悩む場合は、色々の化粧水や白粉でお肌の欠点を、どうしても補なわなければならないのです。 このように素肌に自信のない方は、あれこれと迷わず、先ず素肌を健康な白さ美しさするように勉めましょう。〜」
掲載:昭和16年7月 
> 今に言う「すっぴん」が時代の要求としているが、このコピーからは、まだまだ厚化粧が存在していることを証明している。

内容
「素肌の季節!
暑苦しい厚化粧は、もう沢山です。時代も素肌美を要求しているのですし、又この爽やかな初夏には、すっきりと芯から色白な素肌の美しさを強調しましょう。それには朝夕二回、美白、殺菌力の強いコロイド硫黄を応用した、科学的美肌料レオンの洗顔で、色黒、ニキビ、脂顔を去って芯から色白な艶肌を創りましょう。〜」
掲載:昭和16年7月 
あいかわらずの、乙女?心をくすぐるキャッチコピーである。

内容
「断然目立つ!
おゝ、暑い!暑いの真夏には、誰だってお化粧などおイヤでしょう。こんな時、一番目立つのものはお肌の欠点です。汗のお顔とか脂肪のお顔そして、ニキビや色の黒いお顔―等はホントに困ります。若しこの様なお悩みのある方は早速、レオンでお手当して、断然!目立って美しい色白の素肌美をお創り下さいませ。〜」
掲載:昭和16年7月 
素肌武者など初めて聞いた話であるが、さすが、当時のライターも効果的な話を探し出してくるものである。

内容
「素肌武者の話
昔 武士道華やかなりし頃、素肌武者と言って、われと思はん武者たちはみな、甲冑も着けに戦場に出陣し、めざましい功を建てることが流行したそうな。今 簡素の中の美しさが叫ばれている時、時代にめざめた若人たちはみな、甲冑ならぬお化粧の仮面をぬいで、レオンで磨きあげた、色白の素肌美で張り切っているのも、何か面白い対称ではないでしょうか。〜」
掲載:昭和16年8月 
このまま現代に通じるコピーである。とても、80年前とは思えない新鮮さである。

内容
「磨け!素肌美
濃化粧の時代は過ぎ去って居ります。白く艶やかに磨かれた素肌美ほど女性をより美しく より清楚にするものは、ございません。コロイド硫黄応用の科学的洗顔料…レオン洗顔クリームで健康な色白肌にする時!
レオン洗顔クリーム
公定価格、一円五十銭(売薬部外品)全国の百貨店、薬店、化粧品店にあり」
掲載:昭和16年9月 
このまま現代に通じるコピーである。清楚なイラストといい、夏の涼感が伝わってくる。

内容
「爽やかな素肌を
湯上りに浴衣のさらさらとした肌さわり―これこそ夏の涼味です。それと同じように、汗や脂の浮き易い夏に、暑苦しい濃化粧はさけて、爽やかな自然の素肌に還りましょう。
而し困るのは性来の色黒、ニキビ、脂顔などのお肌です。それで紅、白粉のつけ方よりも色白肌にする科学的なレオンで朝夕、さっぱりと洗顔されるのが一番です。
レオンの美白、殺菌力の強いコロイド硫黄が、めきめきお肌に作用して、汗や脂を去るばかりでなく、色黒、ニキビ顔も魅力あふれる色白肌に致します。
レオン洗顔クリーム
公定価格・一円五十銭(売薬部外品)」
掲載:昭和16年9月 
このまま現代に通じるコピーである。清楚なイラストといい、夏の涼感が伝わってくる。

内容
「素肌に還れ!
お肌も自然のまゝの姿に還りましょう。 冬の厚い着物には、万一濃いお化粧が似合ったにしても、薄い絽のお召し物に、どうして厚い白粉、濃い口紅がうつるものではありません。
お肌も自然の白さが一番美しいのです。 あなたの生きな若さ、美しさを示すからです。
しかし、爽やかな素肌に還ろうとしても、醜い色黒や、ニキビ、脂顔でお肌の汚れが目立つ方は、科学的なレオンで、朝夕洗顔されるようお奨めいたします。 レオンには美白、殺気力の強いコロイド硫黄が沢山含まれていて、これが洗顔の度に、めきめき速やかに芯から健康な色白肌にいたします。〜」
掲載:昭和16年9月 
これまた、普遍的! ですが、心の鏡が顔であるという憎い言い回しである。おかめひょっとこは醜を表すのであろう。

内容
「顔より心
顔なんか幾ら綺麗だってダメ!大切なのは心の美醜です。
と言う位は百も承知の筈なのに、矢張り心と言うより、お顔を先に磨きたいのが人情です。つまり豊かな美的情操の発露というのでしょう。 けれど、それにも程度があります。朝から晩まで、お化粧にばかり浮身をやつす様ではお洒落になります。まづ心をーそれからお顔を磨く様にするのが本当だとおもいます。 レオンは、晩お寝み前(反省の時間)の洗顔時と、朝(熟慮決行の前)の洗顔時に、心の鏡であるお顔の、曇り―色黒やニキビ脂顔などをさっぱりと磨きとって、何時も美白な明るさを保つためにだけ愛用して頂きたいのです。〜」
掲載:昭和16年9月 
先の内容から継続したもので、結局のところ、美しい心の持主は心の鏡である顔も磨く必要がある、ということになる。

内容
「お顔は心の鏡
どんなに美しい花でも、曇りのある鏡に映せば曇った様に、汚れた鏡には汚れた様に、よく磨いていいない鏡には、必ずゆがんだ様にしか見えないもの。
この様に、どんなに清く美しい心の持主であったとしても、若しお顔が醜く汚れていたり、身嗜みを忘れた様な、色黒やニキビ、脂顔などであったら、その清さ美しさも、どの位割引かれて見えるか知れないのです。
つまり、お顔は心の鏡なのですから、教養のある人、優しい人、美しい心の持主であればあるほど、何時も美しく、清らかなお顔を保つ必要がある訳です。 レオンは、ただ表面だけのお洒落より、こうした優しい、美しい心の持主の方に、心の鏡を磨く様な心持ちで、永く愛用して頂くための科学的に創られた美肌料なのです。〜」
掲載:昭和16年9月 
なんと、男も洗顔料を使って張りのある美しさを求めよとは…。これは80年前ですよ。抱いている昭和16年のイメージが変わりますね。

内容
「男と女とでは
余りに、お肌の可愛がりようが、ちがいすぎた。男は、かまわなさすぎ、女は可愛がりすぎた。だから無精男が出来、お洒落女がいたのです。 しかしこれからは、男だって無精くさい色黒やニキビ、脂顔では恥です。 女に於てはなおさらのこと―  けれど、お洒落はなお悪い。 まづ科学的なレオンの洗顔で、男は男らしい張りのある美しさを、女は女らしい優しさの中にも、気品のある美しさを保つだけの身嗜みに、是非したいものです。〜」
掲載:昭和16年10月 
昔の化粧との違いを持ってきて、だからレオンという広告。丸や四角の図形は顔の形を表している。

内容
「顔の歴史
持って生まれた素顔を、より美しくみせるためには、その時代に流行した標準型の顔に粧らなければならなかった。 だから、丸顔の流行した時代には丸い顔に、長い顔の流行した時代には長い顔に粧る苦労と無駄な費用とは想像以上でした。 けれど昭和(いま)は、丸いも長いも問題外です。レオンで磨いた色白の素肌美で、何時も明るく、活動的な美しさであればよいのです。 〜」
掲載:昭和16年10月 
今回はニキビ治療薬としての広告である。リボンのイラストはニキビができ始める思春期を表しているのであろう。 つまり、リボンが似合うのも思春期ということ。

内容
「花のリボンが似合うころ
出始めるニキビの悩みは絶大である。二つ、三つと出来たら荒療治は止めてあせらず朝夕、レオンの洗顔をお続け下さい。レオンは殺菌力、美白力の強いコロイド硫黄を、たくさん含んでいますから害になる脂肪や、バイキンもさっぱり去って、めきめきニキビ、脂顔も快方に導きます。色白な健康肌の生まれるのも、ほんの真近…… 〜」
掲載:昭和16年10月 
季節に合わせたシンプルな内容になっている。木の葉が散る寒い季節でも、レオンを使えば生き生きとした白い素肌美が保てるということ。

内容
「木の葉は散っても
絶対に散らされないのが貴女の素肌美、健康美!寒くなって、先づ悩まされるお肌の荒れも、朝夕手軽なレオンの洗顔法を続けるだけで、いつも生々とした白い素肌美を保てます。レオンは美白力殺菌力の強いコロイド硫黄応用の科学的洗顔料だからです。 レオン洗顔クリーム 一円五十銭(売薬部外品)」
掲載:昭和16年10月 
これまで、シンプルなイラストで白地を生かしたデザインできたが、これは一転ダイナミック感のあるデザインである。菊のイラストもとてもモダンである。

内容
「白菊の清楚美 黄菊の明るさを
貴女のお肌に創りましょう。飾った紅や白粉のお化粧は何と空々しいことか!
やはり白い素肌があなたの明るさを象徴(あらわ)します。
黄菊、白菊の薫る朝に夕べに…… 色黒、ニキビ、脂顔もめきめき色白な健康美にする科学的なレオンでさっぱりと洗顔される様お奨め致します。 そのコロイド硫黄がお肌に効いてどなたも清楚で而も若さあふれる素肌美を得られます。〜 」
掲載:昭和16年11月 
シンプルながら印象的なデザインである。そろそろネタが尽きたのか文章の配置替えや☆を挟むなど、内容よりも見た目の変更となっている。

内容
「白と黒と
お肌の色を詮議したって健康な艶々したお肌でなくては問題にならない。ニキビ、色黒、アレ肌なら尚更のこと…… 科学的なレオンの洗顔で断然、健康な色白肌にするのが急務です。
レオン洗顔クリーム ★美白力、殺菌作用の強いコロイド硫黄を応用した科学的なレオンの洗顔は、色黒、ニキビ、脂顔もめきめき健康な色白肌に致します。
(公定価格・一円五十銭☆売薬部外品) 」
掲載:昭和16年11月 
一転、長文です。レオンは一貫して、この時世、濃い化粧から、健康的で簡素な化粧が求められていることを主張している。

内容
「『今と昔』化粧物語
お化粧と言えばすぐ白粉や紅を連想する様に、昔は必ず塗ったものです。それは恰度、お顔が画布であって白粉や紅が絵具かの様に…… どうすれば上手に塗れ、美しくなるか ただその技巧だけが問題かの様に…… ですから、よくケバケバしくなったり、華美に流れすぎたりしたのです。しかし…… 今はもう塗ることは第二の問題です。素肌からの白さ、明るさを育てて簡素の中にも溌剌さあふれる活動的な美しさが必要になったのです。 この時……美肌料では最も評判の高いレオンが益々その効力を発揮し新しいお化粧の歴史を作りつゝあるのは喜ばしい事です。それもその筈です。 レオンには美白力の強い活性のコロイド硫黄応用栄養料が豊富に含まれていますのでこれらのものが独特の美肌作用を起して日焼けや色黒、白粉やけを美白な肌に ニキビや肌アレも艶々した健康な肌にするから― 〜) 」
掲載:昭和16年11月 
鹿鳴館スタイルと比べているが、明治は遠い昔ではなかったのであろう。がっちり逞しい素肌美であれば、現代では小麦色のイメージだが、時代が違うことを実感する。

内容
「逞しい女性美を!
文明開化と言われた明治時代の女性美の目標は、所謂、ハイカラさんでさへあればよかったのですが、国民皆労の新体制下では、一切の虚飾は言わずもがな青白き美しさはゆるされません。 がっちりと活動的な、新しい女性美を目標に…… 日毎のお化粧を科学的なレオンの洗顔で、強く張りのある美白な素肌美だけにしたいものです。
一円五十銭(売薬部外品)百貨店・化粧品店及び薬店にあります。本舗レオン商会」
掲載:昭和16年11月 
化粧品の広告に、戦車や飛行機が出てきたが、なんと迷彩模様をうまく利用した広告であった。12月から値上ったようだ。

内容
「戦車や飛行機に
迷彩を必要とするこの時!なればこそ特に女性のお肌は迷彩なしの健康な素肌であるべきです。
健康な美肌をつくる レオン洗顔クリーム 
改正一円七十八銭 売薬部外品」
掲載:昭和16年12月 
日米開戦した月であるが、化粧品らしい広告である。レオンの広告には、「色黒、ニキビ、肌あれ、脂顔」が盛んに出てくるが、それだけ多かったということであろう。

内容
「お肌に愛情を
いくら忙しい毎日でも、みだしなみとして 服装や美容に、女らしい心使いを怠らぬ様に……。
お化粧にしても、どう塗るかと言うより先づ、素肌そのものに心からの愛情をそそぎましょう。 特に色黒、ニキビ、肌アレで日頃悩んでいらっしゃる方は素肌を白く美しくするレオンの洗顔で、めきめき健やかな美肌を得られる様お手当下さいませ。  レオン洗顔クリーム 〜」
掲載:昭和16年12月 
戦争が女性美まで変えてしまうという現実。しかし、健康的な素肌美とは、現代に通じる女性美ではある。

内容
「新しい女性美を
ただ、美しければよいと言う昔風な考え方は、この際キッパリ捨て去って、がっちりとした、活動的な美しさに…………。 お化粧も、レオンで磨いた健康な素肌美を目標にしたいものです。  レオン洗顔クリーム 税共一円七十八銭 売薬部外品」
掲載:昭和16年12月 
ここにきてシンプルな理念広告になった。

内容
「男にも女にも
それぞれの美しさがある。それをより美しく健康な素肌に育てるのが、レオンの生命なのです。  レオン洗顔クリーム 税共一円七十八銭 売薬部外品」
掲載:昭和16年12月 
全面写真を使った画期的な広告。新春にふさわしい霊峰富士である。

内容
「日本的な美しさ
富士の気高さとレオンで磨いた清楚な素肌美は誰が何時見ても日本的な美しさ!限りない憧れです  
レオン洗顔クリーム 税共一円七十八銭 売薬部外品」
掲載:昭和17年1月 
素肌美、健康美は現代にも通じるが、がっちりとした美しさは、時代の要請であって、現代ではその優先順位は高くはないのでは。

内容
「女性と美
ただ、美しければよいと言う昔風の考え方はこの際キッパリと捨ててがっちりとした、活動的な美しさにしたいもの。
お化粧も、レオンで磨いた健康な素肌美を目標にしたいものです。  
レオン洗顔クリーム 税共一円七十八銭 売薬部外品」
掲載:昭和17年1月 
国策標語を前面に出した戦意高揚の広告。

内容
「屠れ!米英われらの敵だ
そうだ、その米英流の化粧も撃滅すべきです。そして、日本女性本来の簡素美にたちかえって大東亜戦争の完遂に突撃いたしましょう。  
レオン洗顔クリーム 税共一円七十八銭 売薬部外品」
掲載:昭和17年1月 
今は、雪の様な白さが、美白の表現と思われるが、それを否定しているところが面白い。 「生白」の漢字に「なまっちろ」とルビがふってあるが、そのなまった言い方からも、否定感が強く感じられる。

内容
「雪
の様に冷たい生白さではなく溌剌とした美白な素肌をレオンの洗顔でお創り下さい。  
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共) 売薬部外品・レオン商会」
掲載:昭和17年2月 
美白にこだわるレオンであるが、それが非常時の唯一の魅力とは…。恐れ入る表現である。

内容
「飾りなき健康な色白肌に
素肌の白さ美しさがこの非常時女性の唯一の魅力です。朝夕、レオンの洗顔法は肌アレを防ぎ、性来の色黒、ニキビもめきめき健康な美しい色白肌に育てます。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共)売薬部外品★レオン商会」
掲載:昭和17年2月 
16年9月と同内容である。ネタが尽きてきたか。下部の黒い四角部分は、黒くつぶれているが美醜の醜を表すお面(ひょっとこか、鬼か判別できない)である。

内容
「顔より心
顔なんかの美しさより、問題はその人柄の……心の美醜にあるのですが、そっれにしても余りに潤いのない、色黒やニキビ、脂顔などの構わなさすぎるのも、近代女性の身嗜みではありません。 お顔は心の鏡とも言う程ですから、何時も清純な素肌の美しさをお保ちになる様………朝夕、科学的なレオンのお手当をお続け下さいませ。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共)売薬部外品★東京神田レオン商会」
掲載:昭和17年2月 
刺激的なコピーである。化粧品とは思えぬ戦意高揚を主とした広告となっている。

内容
「最後のとどめ刺す日まで
断じて戦い抜く私たちです。ぜいたくやお洒落はゆるされません。お化粧も、レオンで磨いた簡素な素肌美だけに努めましょう。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共)売薬部外品」
掲載:昭和17年2月 
これまた、名言である。素肌美を追求するレオンならではのコピーである。

内容
「微笑にまさる化粧なし
それだけに余程素肌の美しさが大切なのです。サア!朝夕、レオンのお手当で、何時も清楚な素肌美を保ちましょう。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共)売薬部外品」
掲載:昭和17年3月 
国民皆労のご時世、がっちりとした活動型な女性が求められ、それが美人と持てはやされる。美人は作られるのか。

内容
「翼賛型美人とは・・・
先づ、体はがっちり、豊かな胸元で、姿勢を正しく、背すじを伸ばし颯爽とふるまって戴きたい。 そして……眠れぐっすり夢みずに 疲れは睡眠によって、すっかり去って終えば、精神は清く、明るく朗らかに、心の動きは生き生きとなり、健康に一日中、家庭にも、職場にも働けるわけ― 勢い、お顔も健康に輝き、「顔と姿の美しさ、それは飾らぬ自然から」の翼賛型の美人が創られるのです。
 健康な色白肌を創る レオン洗顔クリーム
公定価格・一円七十八銭(売薬部外品)」
掲載:昭和17年3月 
女性の労働力が求められ、同時に質素倹約が美徳されるなかで、さて美容業界はどうするか? そこは化粧品会社、上手に売り文句を考え出してくるものである。 また、商品名標記であるが「レオン」と「クリーム」が大きなゴシックとなり、間の「洗顔」は小さくなった。新たなロゴの誕生である。

内容
「家庭に工場に!
働く女性の身嗜みはキリリと活動的な中にも女らしい清さ優しさを忘れぬ様……お肌も簡素なレオンの素肌美だけを決定(きめ)ましょう。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共)売薬部外品★レオン商会」
掲載:昭和17年4月 
ビックリ!上と同内容の広告であるが、ミスなのか?イラストが抜けている。

内容
「家庭に工場に!
働く女性の身嗜みはキリリと活動的な中にも女らしい清さ優しさを忘れぬ様……お肌も簡素なレオンの素肌美だけを決定(きめ)ましょう。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭(税共)売薬部外品★レオン商会」
掲載:昭和17年4月 
衣料切符は、都市部で一人年間100点(年間)与えられたが、背広上下でこの頃は50点であった。靴下は2点であり、化粧1点というのはつまり、非常に安い=簡素であるということを表現しているのである。そのくらいなら、使いましょうということ。

内容
「衣料100点 化粧は一点
衣料でさえ点数制の時代です。お化粧も出来るだけ簡素に……朝夕、お肌を美しくするレオンの洗顔法で、色の白い張切った素肌美の一点ばりにつとめましょう。
レオン洗顔クリーム
一円七十八銭税共 売薬部外品」
掲載:昭和17年4月 


⇒ページのトップへ