ライトインキの広告

広 告
戻る

ライトインキとは、明治17年に篠崎叉兵衛商店として設立された篠崎インキ製造株式会社が、製造していたインキの商標で、当時は丸善のアテナインキと並ぶ著名なインキであった。 しかし、会社は戦後倒産し、株式会社ライトが商標権を買い取って、現在も「ライトインキ」として販売されている。
広告デザインはシンプルながらも時世に合わせたコピーを用い、また、レイアウトや商標のバナーも毎回変更するなど考えられたものになっている。

時局柄、インク会社も消費節約を売りにした広告を制作する時代である。

内容
「ライトインキ
消費節約とは ペンを永持ちさせ最後の一滴まで清麗清純なライトを御使用なさる事! 天下一品! 天下一瓶!
2オンス入 正価30セン(大瓶 小瓶 各種… 全国の文具店にあり) 本舗 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和15年5月 
節約は国家のため、というストレートなコピーである。インクも品不足の時世であった。

内容
「ライトインキ  天下一品!一家一瓶!
国家の為にも一滴のインキも大切の御使用下さいませ…… 瓶底の一滴まで清麗・清純のライト!
これだけは必ず御注意下さい
■インキ瓶(台)は必ず蓋をなさる事 インキの乾燥塵埃に依る沈殿を防ぐ爲 ■インキ壺必ず一週に一回は御洗い下さい 常に一定の色調の記録を得る爲 ■ペンは御使用後是非拭き置き下さい ペンの寿命を永く保たせる爲
2オンス入 正価30セン(大瓶 小瓶 各種… 全国の文具店にあり) 本舗 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和15年7月 
5か月前の広告では、国家のために一滴のインクも大切にというコピーであったが、今度は新体制に即応と出してきた。

内容
「ライトインキ  世界の新体制に即応する 能率至上のライト!!
粗悪なインキは合キンペンもクサらせます ライトは鉄ペンでも錆させません!!!
天下一品! 天下一瓶!
2オンス入 公価30セン(大瓶 小瓶 各種… 全国の文具店にあり) 本舗 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和15年12月 
反英米の風潮を利用した広告である。

内容
「天下一品!一家一瓶!  英米品何者ぞ! と東亜より彼等インキを駆逐したるライト!!
粗悪なインキは合金ペンもクサらせます ライトは鉄ペンでも錆させません!
公売 二オンス入 三〇セン(大瓶 小瓶 各種… 全国の文具店にあり) 本舗 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和16年5月 
「電撃的」の文言は、大戦初期におけるドイツ軍の電撃的な侵攻から来たものと思われる。

内容
「天下一品!一家一瓶!  東西南北 電撃的にライトは伸びゆく 世界の果てまで!
万年筆には必ず白ペンを傷めぬライトを御使用願います
二オンス入 三〇セン(大瓶 小瓶 各種…… 全国の文具店にあり) 本舗 篠崎インキ製造株式会社 東京」
掲載:昭和16年9月 
「貯蓄報国、健康報国、教育報国…」と お国の為になるのなら何にでも報国を付けていた時世である。

内容
「産業報国!
事変前の値段でより良き品質……… こんな例は 他にありましょうか?
万年筆には必ず白ペンを傷めぬライトを御使用願います   万年筆用 天下一品!一家一瓶!
二オンス入 三〇セン(大瓶 小瓶 各種…… 全国の文具店にあり) 本舗 篠崎インキ製造株式会社 東京」
掲載:昭和16年11月 
日米開戦し、国民全体が緒戦の勝利の喜びに溢れてい時世。さりげなく国策標語を採用した広告。何故か、インクびんの光の当たり方が逆になっている。

内容
「天下一品!一家一瓶!
屠れ!米英 我等の敵だ 進め一億 火の玉だ!
(大瓶 小瓶 各種……全国の文房具店にあり)
ライトインキ 万年筆用 2オンス入 30セン
本舗 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和17年1月 
昭和17年3月8日の大詔奉戴日に掲載されたもので、3か月前の開戦の感激をあらたにして、戦い抜こうというメッセージであろう。

内容
「万年筆用 ライトインキ
天下一品!一家一瓶!
十二月八日!あの感激を永久に………
(大瓶 小瓶 各種……全国の文具店にあり)
ライトインキ 万年筆用 2オンス入 30セン
東京 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和17年3月 
開戦1年を迎えようとしている11月。対米英開戦は感激と言う表現が良く使われた。ところで、シンプルなのだが、背景の図形のデザインを毎回変えてきている。飽きられない工夫か。

内容
「大東亜決戦…… 緒戦のあの感激を新たにし、献身御奉公を致しましょう
天下一品!一家一瓶!
(二オンス入金三〇セン)(大瓶 小瓶 各種……全国の文具店にあり)
ライトインキ(万年筆用)
東京 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和17年11月 
開戦1年を経過し、戦いは激しさを増し、更に戦い続ける覚悟を求める文言であり、インクには全く無関係である。

内容
「血戦の連続!銃後も必死の覚悟で 戦い続けましょう……
天下一品!一家一瓶!
(二オンス入金三〇セン)(大瓶 小瓶 各種……全国の文具店にあり)
ライトインキ(万年筆用)
東京 篠崎インキ製造株式会社」
掲載:昭和18年1月 


⇒ページのトップへ