ネオスェーの広告

広 告
戻る

正式には「NEOS・A」というようだ。体質強化のための強壮剤として販売されていた。昆布の1500倍のヨード含有量というのが売りであった。アルス薬品部から販売されていたようであるが詳細は不明である。

お国のために働くことに重きが置かれていた時代である。「戦いは続いている」のコピーからは戦争に慣れてしまった世相が感じられる。

内容
「戦いは続いている 養え体力!高めよ健康
肝油に勝る 活性ヨードビタミン ネオスェー
ただの肝油でさえも単純なビタミンA剤でさえも栄養剤として賞用されている。ネオスェーは、海藻の成分であるヨードの治療と体質改善の効果に、さらに肝油の精分であるビタミンADの高度の栄養効果を一つに合せた画期的活性ヨードビタミン、最高度の強壮剤である。
〜 全国薬店にあり 東京神田神保町三 アルス薬品部」
掲載:昭和16年1月 
お国のために働く、奉公が決まり文句のご時世になってしまった感がある。驚くのは、子供用として「お菓子代わりのおいしいお薬」という表現。

内容
「健康第一元気で奉公 本邦唯一 活性ヨードビタミン剤 ネオスェー
時局化の健康増進に  ネオスのヨードは活性ヨードであり、ヨードカリやヨードナトリウムのように化合物でないから、体内に吸収されてヨード独自の作用を十分に発揮せしめることができる。〜 
お子様の健康増進には、お菓子代わりのおいしいお薬薬価低廉  お子様専門の強壮剤 コドモネオス」
掲載:昭和16年1月 
ネオスェーを爆弾に例えて、その強力?な効能をアピールしている。

内容
「活性ヨード剤 大量のビタミンAD配剤 ヨード含有量昆布の一五〇〇倍
栄養の増進を兼ねた高度の治療剤 ネオスェー
肺結核・肋膜炎 腺病質・神経衰弱 
東京神田 アルス薬品部
一回一粒 小瓶 一円八十五銭 百粒 四円三十銭 二百粒 八円 薬店にあり」
掲載:昭和17年3月 


⇒ページのトップへ