横須賀海軍航空隊殉職将士追悼碑

軍事遺物
戻る

大正4年から大正15年までの横須賀海軍航空隊の殉職者を追悼するために昭和9年7月5に龍本寺の境内に建立された。
裏面に、「遺芳千秋」の題字の下に、殉職者の氏名、階級、殉職年月日などが彫られている。
最初の3名、安達、武部、柳瀬の3氏は、横須賀海軍工廠で製作されたファルマン水上機の試験飛行中、墜落殉職した。国内での海軍航空機事故による最初の殉職者である。
碑高340p、幅121p、厚さ18p、台石90p、基壇87p。
所在:龍本寺(横須賀市)


(刻字)
碑正面:
「横須賀海軍航空隊 殉職将士追悼碑
 海軍大将 永野修身書」

碑裏面:
「昭和九年七月五日建立
遺芳千秋 當山之主 日頌
 海軍大尉 安達東三郎 大正四年三月六日 愛媛縣
 海軍大尉 武部鷹雄 仝 鳥取縣
 海軍三等水兵 柳瀬久之丞 仝 三重縣
 海軍機関大尉 青木卓治 本牧沖特別観艦式際 長野縣
 海軍中尉 阿部新治 大正五年三月廿日 宮城縣
 海軍機関大尉 頸宮基雄 仝 岡山市
 海軍中尉 山村豊雄 大正六年一月十六日 金澤市
 海軍中尉 坂本晋一 大正七年六月廿三日 佐賀縣
 海軍大尉 留岡 勵 大正七年十二月十二日 岡山縣
 海軍三等兵曹 木佐木甲子郎 仝 鹿児島縣
 海軍中佐 井上二三雄 大正八年三月五日 群馬縣
 海軍大尉 山内三郎 仝 鳥取縣
 海軍大尉 榊原正木 大正八年三月廿五日 仙台市
 海軍大尉 三宅二郎 大正八年四月十二日 東京市
 海軍大尉 為田茂穂 大正九年一月十三日 明石市
 海軍ニ等水兵 山下昇 仝 愛知縣
 海軍大尉 菅沼忠正 大正十一年八月四日 東京市
 海軍一等兵曹 平松新一 仝 名古屋市
 海軍大尉 速水克己 大正十三年六月五日 東京府
 海軍大尉 丸山政司 仝 千葉縣
 海軍ニ等機関兵曹 松本貞藏 大正十三年六月三日 栃木縣
 海軍三等機関兵曹 佐藤順唔 仝 宮城縣
 海軍一等水兵 立石幸治 仝 愛知縣
 海軍三等兵曹 菅野□蔵 大正十五年十一月十三日 福島縣
 海軍少佐 赤石久吉 大正十五年三月廿三日 北海道
 海軍少佐 中島榮吉 昭和三年七月五日 鹿児島縣
 海軍大尉 武義照 仝 鹿児島縣
 海軍ニ等兵曹 久保田功 仝 千葉縣
 海軍三等機関兵曹 齋正 仝 宮城縣
 海軍ニ等兵曹 小野新 昭和四年三月八日 静岡縣
 海軍三等兵曹 金澤登造 仝 神奈川縣
 海軍三等兵曹 高井政次 仝 富山縣
 海軍少佐 佐々木廣輔 昭和四年十月廿八日 東京市
 海軍大尉 齋藤仁義 仝 宮城縣
 海軍一等兵曹 久保川喜重 仝 山梨縣
 海軍少佐 丹野蔚 昭和六年二月十八日 宮城縣
 海軍少佐 澤邊彰一 仝 宮城縣
 海軍航空兵曹長 加藤虎之助 仝 茨城縣
 海軍一等水兵 池田善男 昭和八年三月丗日 長野縣
 海軍一等水兵 野島久男 仝 熊本縣
 海軍航空兵曹長 松野□四郎 仝 福島縣
 海軍航空廠航空殉職者
 海軍技手 堀江弘 大正十四年二月十一日 栃木縣
 海軍技手 瀬戸龍藏 仝 神奈川縣
 海軍中佐 志村喜代作 大正十五年三月廿二日 山梨縣
 海軍少佐 赤石久吉  仝 北海道
 海軍特務中尉 阿部實 仝 宮城縣
 海軍技手 山口與喜藏 仝 静岡縣
 海軍少佐 堀越芳太郎 昭和四年十月九日 群馬縣
 海軍少佐 白濱重豊 昭和八年四月八日 鹿児島縣
 海軍技手 熊倉隆平 昭和八年十月七日 新潟縣
 海軍技手 小松清  同 長野縣
發起 相陽時事新聞社長 最上尭雅
後援者氏名
 横須賀市長 小泉又次郎 同助役 津名義房 横須賀警察署長 蒲生重三郎 同警部補 冨士文雄
 横須賀憲兵分隊長 植原春三 帝國在郷軍人會横須賀市聨合分會長 佐藤恕
 横須賀市傷痍軍人會長 長濱顕達
加工者 当市平坂石春」