忠魂碑(三浦市慰霊堂)

軍事遺物
戻る
三浦市慰霊堂の手前に3基集められている忠魂碑のうち右手の1基。大正4年11月の建立年からみて日清、日露両戦役の戦没者の忠魂碑であろう。戦没者の名がないが、現在は失われた台石か台座に刻されていたものと推測する。
大正5年9月、南下浦小学校にに建立されたが、関東大震災で損傷、昭和5年5月に修理された。(南下浦小記念誌の記載) 戦後、経緯は不明であるが現在地へ移設された。建立時の写真によると当初は立派な基壇上に台座、台石を伴った威厳ある碑であった。
現在碑高270cm、幅85cm、厚さ18p
所在:三浦市慰霊堂(三浦市)

(刻字)
碑正面:
「忠魂碑  陸軍大将子爵 大迫尚敏 書」
碑裏面:
「大正四年十一月」