忠魂碑(三浦市慰霊堂)

軍事遺物
戻る

三浦市慰霊堂の参道沿いに3基並んで建てられている忠魂碑のうち左手の1基。日清、日露戦争戦没者の9柱の忠魂碑である。
揮毫は、荒木陸軍大将。初声村在郷軍人分会が若宮神社の境内に建立したものだが、戦後、経緯は不明であるが現在の場所に移設された。 現在は、碑本体のみが残されているが、かっては台石、台座を含めた威厳ある碑であった。
碑本体は、高さ1丈5尺、幅5尺、重量4トン半の仙台石製で、建設費は当時の約1500円を要したという。
地鎮祭は、昭和9年3月25日。除幕式は、海軍記念日の昭和9年5月27日の予定であったが、工事の遅れにより6月10日午前10時から行われた。 戦没者遺族をはじめ在郷軍人分会関係者、三浦郡各町村長等300余名が参列、同村空前の賑わいであったと当時の新聞記事は伝えている。 揮毫の荒木大将は特命検閲のため欠席されたという。
当時は、初声村に御用邸建設が決まり、村民を挙げてこの光栄に喜び湧いていたという状況があった。 合祀者の内、山田福太郎さんの個人慰霊碑が天養院に建立されている。
現状碑高305p、幅150p、厚さ20p。
*再建の際、碑の下部を埋められ、小さくなっている。
所在:三浦市慰霊堂(三浦市)

(刻字)
正面:
「忠魂碑 陸軍大将正三位勲一等功四級 荒木貞夫 書」
裏面:
「昭和九年五月建之
 明治二十七八年同三十七八年戰役陣歿…
 騎兵一等卒 山田福(太郎)…
 海軍二等火夫 石田…
 歩兵軍曹勲七等功七級 新倉喜…
 歩兵伍長勲八等 田中…
 歩兵伍長勲八等 河田…
 歩兵一等卒勲八等功七級 井上安… 
 歩兵一等卒勲八等 田中光…
 歩兵一等卒勲八等 河田喜…
 輜重輸卒勳八等 進藤…」
  *…以下は埋没のため不明