横浜市戦没者慰霊塔(三ツ沢公園)

軍事遺物
戻る

西南戦争から第2次世界大戦までの戦没者2万余柱の御霊を安置している。 2本の塔と安置堂からなり、昭和28年3月に建立されたが、戦後50周年にあたる平成7年に改修を受けている。 由来を記した2基の説明板が設置されているので下記に示す。
所在:三ツ沢公園(横浜市神奈川区)

(建立時説明板)
「慰霊等ご案内
この慰霊塔は、西南戦争以来、第二次世界大戦 に至る戦争犠牲者二万余柱の御霊を永年安置する ための慰霊塔であります。 慰霊塔は、二基の塔と、安置堂その他からなり 昭和二十八年三月、一〇〇〇万円の経費にて建設 されましたが、このうち七〇〇万円は、市民から の募金によったものであります。 塔は門を象徴しており、向かって左の塔は、高さ 十八米で上部を欠いてあり、下部に「昭和二十年」 の 五文字を浮き出してあります。 これは、今次大戦ではらった大きな犠牲と破壊 を表したものであります。 また、向かって右の塔は高さ二十五米で新生日本 が雄々しく、将来にむかって発展する姿を表した ものであります。  横浜市」

(改修時説明板):
「恒久の平和を願って
戦後50周年を迎えて、更なる平和への願いを込めて慰霊塔を改修 いたしました。 この慰霊塔は、西南戦争から第二次世界大戦までの戦争犠牲者 の御霊を安置するため、昭和28年3月に建設したもので、左の塔 は、先の大戦ではらった大きな犠牲と破壊を表し、右の塔は、新 生日本が将来にむかって発展する姿を表しています。 市民の皆様と共に諸霊の御冥福を心からお祈りし、戦争の悲惨 さを忘れることなく、恒久の平和を念じたいと思います。 横浜市は、21世紀に向かって、世界に開かれた国際都市づくり を進めていますが、ピ−スメッセンジャー都市として、今後とも 積極的に国際交流活動を展開し、相互理解を深め、世界の平和と 発展に貢献していきたいと思います。 平成7年11月1日  横浜市長 高秀秀信」