明治丗七八年戰役陣亡軍人之碑(伊勢山公園)

軍事遺物
戻る

日露戦争の戦病歿者7柱を合祀した慰霊碑。建立年の記載はないが、揮毫が神奈川県知事周布公平であることから、彼が知事に在籍した明治38年から明治45年の間と推測される。
なお、合祀者のうち、山口松五郎さんは普門寺に、山ア亀吉さんは万福寺に、山上米吉さんは鵠沼墓地に個人慰霊碑が建立されている。 また、合祀者全員、普門寺の日露戰役戦死病歿者各英魂供養塔にも合祀されている。
碑高216p、幅150p、厚さ26p、台石45p、基壇105p。
所在:伊勢山公園(藤沢市)

(刻字)
碑正面:
「明治丗七八年戰役陣亡軍人之碑
神奈川縣知事従三位勲二等周布公平書」

碑裏面:
「陸軍歩兵伍長勲八等功七級 森井捨五郎
陸軍歩兵上等兵勲八等功七級 山口松五郎
陸軍歩兵上等兵 山ア亀吉
陸軍歩兵一等卒 関根理助
陸軍歩兵一等卒 森井林藏
陸軍歩兵一等卒 関根慶次郎
近衛歩兵一等卒勲八等 山上米吉」