千嶋艦遭難記念碑台座

軍事遺物
戻る
千嶋艦は明治25年フランスで建造された通報艦(水雷砲艦とも呼ばれた)であり、日本への回航中、明治25年11月30日、瀬戸内海(愛媛県堀江沖)にてイギリス商船「ラベンナ号」と衝突、沈没し、乗員90名のうち74名が犠牲となった。
この事件を記した碑で、諏訪大神社の境内に建立された。碑は戦後撤去され台座のみ残されている。往時の姿は不明(ご存知の方はご連絡下さい)。
台石の周囲には建碑賛同者名が刻まれて当時の海軍軍艦や組織のいる。
なお、千嶋艦遭難については、この他に、東京青山霊園に「砲艦千島慰霊碑」、遭難の地である松山市の浄福寺に「千島艦遭難碑(揮毫は東郷平八郎)」と正岡子規が遭難の事を詠んだ句碑が建立されている。
台石高60p、基壇125p。
所在:諏訪大神社(横須賀市)

(刻字)
台石正面:
「建碑賛同者
 軍艦松島准士官以下有志者
 横須賀鎮守府海兵團下士以下有志者
 軍艦筑紫准士官以下有志者
 同 浪速准士官以下有志者
 同 鳥海准士官以下有志者
 同 葛城下士以下有志者
 横須賀水雷隊攻撃部下士以下有志者
 軍艦筑波准士官以下有志者
 同 八重山下士以下有志者
 同 雄下士以下有志者
 同 干珠下士以下有志者」
台石左面:
「軍艦館山下士以下有志者
 呉鎮守府海兵團准士官以下有志者
 呉海軍病院准士官以下有志者
 海軍大學校有志者
 海軍兵學校准士官以下有志者
 横須賀鎮守府主計部有志者
 呉鎮守府主計部准士官以下有志者
 軍艦磐城下士以下有志者
 同 金剛下士以下有志者
 七号水雷艇准士官有志者」
台石右面:
「軍艦千穂下士以下有志者
 同 赤城准士官以下有志者
 同武蔵下士以下有志者
 横須賀海軍病院下士以下有志者
 同 鎮守府造船部有志者
 軍艦天龍准士官以下有志者
 同 摩耶下士以下有志者
 佐世保鎮守府軍法會議有志者
 軍艦鳳翔下士以下有志者
 同 石川准士官以下有志者」

上面には碑を固定した跡が残っている。