護国塔(円覚寺)

軍事遺物
戻る

円覚寺境内に石碑が集められている一角があるが、その中心にそびえる。正面には「護国塔 従軍司教釈宗演 書」とある、裏面には撰文が刻まれているが、樹木が邪魔で全体を判読できない。 しかし、建立年月の「明治四十年四月」と「円覚管長海函應 誌」は判明。
建立の趣旨等不明であるが、揮毫の「従軍司教釈宗演」にあるように、釈宗演は円覚寺管長の頃、明治37年に日露戦争の従軍司教として従軍しており、建立年の明治40年から考えてみると、この塔は日露戦争の戦没者の慰霊塔であり、また、石垣の下部の石蓋に錨の模様が刻まれていることから海軍関係のものではないかと推測される。