表忠碑(円覚寺)

軍事遺物
戻る

日露戦争の戦病没者を表忠する碑。表忠とは忠義をあらわすという意味。
永冶宜雄さんの発願によって、明治39年2月、円覚寺の弁天堂脇に建立された。篆額は大教正宮路宗海氏、また、孝阿による慰霊のための歌が刻まれている。
碑高140cm、幅90cm、厚さ20p、台石(3段)83cm
所在:円覚寺(鎌倉市)

(刻字)
碑正面:
「表忠碑  加まくらや  む可しな賀良乃  鐘の音耳 寄りつとふら志 も能ヽ婦能靈 孝阿」
碑裏面:
「老友船茂孝阿翁東京向島人以慈悲博愛 爲楽家有餘貸則義捐公事賑恤窮困園有 餘地則貸與学校不收其價頃者在鎌倉寄 書曰圓覺寺梵鐘北條貞時所鑄蓋祈其父 時宗及元寇殉難士冥福也吾亦欲建碑於 鐘樓側弔卅七八年役彼我戰死病歿者余 謂慈悲佛陀之本願也博愛人道之極致也 翁之此擧不獨足慰藉死者靈其關世道人 心不為尠故余喜記之併及翁平生如此
明治三十九年二月
陸軍教授従六位勲六等丸山正彦撰竝書
藤澤廣田仲太郎刻之
篆額 當山二百十世大教正  宮路宗海書」
台石正面:
「賛襄者 円覚派宗務総理 秋山正□、黄梅院 小嶋蔵界、浄智寺 鷲嶺祖佑、佛日庵 福泉東洋、臥竜庵 尾上石應、東慶寺 釈敬俊、 海軍大佐 松枝新一、一等看護長 磯崎直次郎、輜重兵曹長 熊野義春、歩兵軍曹 巣山正欣、歩兵伍長 川島徳次郎 當村長 永島良助、仝助役 武田達應 當所 栗田傳兵ヱ、仝 小泉権兵ヱ、仝 梅澤松太郎、仝 関戸長左ヱ門、仝 鹿島孫右ヱ門、仝 山ノ井辰次郎
発願人 東京本所中ノ郷町 船茂孝瑞居士 永冶 宜雄」
台石左面:
「建設担任 伊藤喜三郎 錦喜代三」