国威顕彰の碑(ヴェルニー公園)

軍事遺物
戻る
ヴェルニー公園の石碑群の中にある。重巡洋艦高雄型の艦橋を模してリアルに作られている。
碑の正面には国威顕彰の文字、裏面には海軍力の及んだ南洋地域の地図が刻まれている。碑板があったと思われる部分は全て剥がされているが、「八紘一宇」が書かれていたらしい。
碑の由来等詳細は不明であるが、元は横須賀軍港逸見門の内側(逸見波止場)に設置されていたもので、一般人は入れないため、海軍軍人に対する顕彰碑であったと思われる。
建立時期も不明であるが、重巡高雄型の艦橋を模していることから、高雄竣工の昭和7年から昭和20年の間と推測できる。 大きな碑で全高約4m程度ある。

その後、朝日新聞の記事や横須賀市史によって詳細が判明した。
これは「国威顕彰記念塔」であり、昭和12年5月27日の海軍記念日に除幕されたもので、国際連盟脱退や軍縮条約廃棄という当時の社会情勢のなかで、海軍の偉業と意気を具象化したとのことである。塔の上部には羽を広げた金鵄が取り付けられていた。
作者は当時の第一人者である日名子実三で、彼は馬門山墓地の「第四艦隊遭難殉職者之碑」も製作している。
所在:ヴェルニー公園(横須賀市)