登戸研究所跡碑(明治大学)

軍事遺物
戻る

明治大学内のキャンパス内に残されている登戸神社(旧弥心神社)の境内に、元所員らによって建立されたもの。 解説によると、軍事機密であり、誰にも語ることができなかった研究所の記憶も、ようやく話し合うことが出来るようになったという心情を表しているという。
碑高136cm、幅34cm、厚さ25cm、台石10p。
所在:明治大学生田キャンパス(川崎市多摩区)

(刻字)
碑正面:「登戸研究所跡碑」
碑裏面:「すぎし日は この丘にたち めぐり逢う  昭和六十三年十月建之 旧陸軍登戸研究所有志」