平和塔(亀岡八幡宮)

軍事遺物
戻る

昭和三年に昭和天皇の即位を記念して亀岡八幡宮の氏子によって建立された平和の塔である。
「平和塔」と刻まれた円柱の石碑が台座の上に建てられており、背面には「惣氏子」と刻まれている。円柱石碑と台座の間には自然石が積まれているがそこに「昭和参年秋 御大典記念 海軍中将釜屋忠道書」と書かれた板碑が取付けられている。
なお、台座には方形の銘板が付けられていた跡がある。建立年からみて、平和の塔であることは考え難く、建立当初は別の目的の碑であったことが推測される。剥がされた銘板がそのことを物語っている。 平和塔の石碑は戦後取り付けられたのであろう。 釜屋中将は逗子に住まわれていたことから揮毫を頼まれたものと思われる。