花立台新砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市鴨居小字花立台
花立台保塁砲台の東側部分に建設された砲台で陸軍重砲兵学校花立台演習砲台と称された。昭和10年に四五式十五糎加農砲 (改造固定式 射程35Km)が4門設置された。その後1門が九十式加農砲の砲身に交換され、 昭和12年には、九六式十五糎加農砲が1門備砲されたとある。
観測所は旧保塁砲台に掩蔽部上に建てられている。演習砲台のためか地下構造にはなっていない。内部には昭和13年に九六式測遠機が据付けられたが、その後、教育研究用として九八式測遠機が据付けられたという。

<構造・現状>
防衛大学校の東端の荒地が旧花立台保塁砲台跡である。その中央付近にトーチカ状の構造物が残っているが、これが観測所 であり、その東に円形のカノン砲台座が1基残っている。資料では4門設置されていたようだが他の砲座は確認できない。

加農砲の砲座。直径約5.6m 砲座中央部。ボルトが残っている 砲台東端にある観測所状の円形構造物 保塁砲台のトーチカかもしれない

観測所正面外観。左側が測遠機室 測遠機室近撮 側面。2階は中隊長室か 背面

地下1階 測遠機の台座部分 1階 測遠機室内部。天井には潜望鏡の穴がある
1階内部。通信室や計算室があった。 2階 中隊長室と思われる。