走水新砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市走水
対象12年起工、大正13年竣工、大震災後の要塞復旧計画のなかで、「応急施設砲台にして復旧建設に加えるもの」として建設された。第三海堡から撤去された七年式10センチ速射カノン砲4門が据付けられた。走水第2砲台とも呼ばれた。
昭和17年、 カノン砲4門は昭和20年に房総洲ノ崎陣地へ移された。

<構造・現状>
瘤の木海岸に、海に向かって10センチ速射カノン砲が4門並んでいた。砲座間には横墻が築かれていた。 戦後、米軍用家族用のキャンプ場となり完全に破壊された。現在は、観音崎京急ホテルの敷地となっており、遺構は全く残っていない。

砲台跡。京急ホテルが建っている。 海岸に残る繋船場らしき謎の遺構。引潮の際に現れる。
2本のコンクリート通路を鉄管が2本貫いている。