剣崎砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市鴨居小字観音崎
大正14年起工、大正15年竣工、昭和8年八八式電気式観測所建設、終戦時残存
砲塔は第二海堡より移す
十五センチ加農砲塔2基(4門)

<構造・現状>
東京湾を見下ろす台地に大正15年に設置された。剣崎といっても灯台から北の 遠津山という場所にある。15cmカノン砲塔が2基(4門)100m間隔で 配置されていた。砲塔の北には探照燈庫が南の間口には八八式電気式観測所が建設された。
現在、畑の中に砲塔を固めていたコンクリートの円形構造物とこれに通じる地下道の出入口が残っている。 探照燈庫は残っているが、観測所は全く見ることができない。 また、雨崎から剣崎にかけての台地や海岸には、 砲台の関係施設と思われる構造物や狙撃用洞窟陣地が残っている。

昭和29年航空写真

2基のうち北側の砲台跡
野菜屑で埋められている
通気口らしき穴が畑の中にある 砲台に通じる地下道口
写真左手と右手に2箇所残る
左側の出入口近接
野菜屑が詰込まれている

南側のもう1基の砲台跡。北側と同じ形状である。内側はやはり土や野菜屑で埋まっている。 砲塔脇の円柱構造物。直径60cm程度の穴で、底が見えないくらい深い。北の斜面に1箇所地下道入口を確認できるが 、不法投棄のゴミで埋まっている


砲台北の台地上に残る構造物。いかにも砲台のような形状の建物である
資料によると探照灯庫跡らしい
この敷地の周囲には防衛庁の石杭があり、 現在でも防衛庁である
内部は思いのほか狭い。8畳位か。

砲台南側、剣崎灯台隣の台地上のコンクリート製構造物
砲台施設か? 屋根の上の突起物は新しいものである
内部はがらんどうで、壁に「火氣厳禁」の朱書がある 背面から見た全体像

要塞マップ(昭和20年)に戻る
狙撃用洞窟陣地

貯油庫と言われている。コンクリートで仕切られた2つの大きな枡状構造物である ブロック壁の建物が残っている。土地の人の話では軍の施設だそうであるが現在は破却されている
洞窟陣地と思われる。入口には木枠が残っている 海岸には陸軍の中戦車?がどういう経緯か逆さまになって埋もれている