腰越堡塁

観音崎砲台マップに戻る
<概要>横須賀市鴨居小字腰越谷
明治28年起工
明治29年竣工
明治30年九センチ加農砲据付竣工
大正2年廃止
大正14年除籍
9センチ加農砲2門

<構造・現状>
観音崎砲台背後の陸正面防御用の砲台である。周囲を土塁で囲まれたほぼ矩形で、独立して戦えるようになっている。背後にある入口は鍵の手に折れて直接の進入を防いでいる。 砲座は正面左手の坂の上に築かれ、9センチ加農砲が2門設置されていた。砲座の左右に横墻があり、その下部が掩蔽部になっている。右正面には歩兵陣地とするため胸墻が築かれていた。
保塁周囲の土塁や土塁に登る石段、堡塁入口通路、中央横墻、砲座及び2箇所の掩蔽部入口部分など保塁としての面影は十分残っている。 現在、「うみの子とりで」になっている場所であり、堡塁内部には遊具やベンチが設置されあたかも小公園の趣である。

明治41年版地図

正面パノラマ


*赤線部分は推定
砲座へ上る坂道。古地図では斜めの坂になっているが、
階段の跡が残っており、図面では階段と推測。
砲座部分。砲床と思われるコンクリートが
残っている。
左掩蔽部。上部は平に削られている。 正面掩蔽部。左右から階段で降りると
推測している
土塁へ上がる石段。正面右側 土塁へ上がる石段。左側 堡塁内部 堡塁入口部分。右手に鍵の手で進む