三崎砲台

砲台マップに戻る
<概要>三浦市南下浦町金田小字東野頓坊
大正7年起工、大正10年竣工、大正9年七年式三十センチ長榴弾砲据付竣工、 大正12年震災により損傷、大正13年改築、昭和18年除籍
砲は昭和13年に満州の砲台に移す。昭和11年、初めて八八式海岸射撃具が設置されたが、昭和13年の砲撤去に併せて撤去された。
七年式三十センチ長榴弾砲4門。

<構造・現状>
南を向いて半円の砲座が直線上に四門配置され、砲座間には高いコンクリート製横墻が築かれていた。横墻内には地下道が貫通し、 掩蔽壕が作られていた。両端には砲側観測所があった。主観測所は南西約800m離れた岩堂山頂に設けられたが、後に脇に八八式海岸射撃具用の地下観測所が造られた。 探照灯は雨ケ崎にあった。
最近まで、砲座や横墻が残っていた。少し古い地図には砲台跡として記載されていた位であるが、 現在は完全に破壊され畑になっている。砲台左端にコンクリート製の砲側観測所or砲台長位置らしき遺構のみが残る。
観測所は当初の観測所と少し離れて八八式海岸射撃具が設置された半地下観測所の2ヵ所が残っている。 当初の観測所は、建設時期がほぼ同年の西浦砲台と同様に、コンクリート製円形の観測室の後部に掩蔽部が接続する構造である。 掩蔽部には司令室や計算室であったと思われる3つの部屋が設けられ、その上部には砲台長位置の円形構造物が残っている。 この観測所から80m離れて八八式海岸射撃具の観測所も残る。方形地下構造であるが、 破壊され覆土は取払われ、分厚いコンクリートの壁が藪に覆われて残っているのみである。
昭和29年撮影空中写真

入口の門柱が侘しく残る 砲台跡。一面の畑である 左端に残る唯一の遺構
砲台長位置と推測。
通信室近接。奥壁に上部
への伝声管らしき穴がある

上部は円形の構造物である。


岩堂山遠望
新旧の観測所跡が残る
観測所脇に残る構造物
監守所にしては小さく使途不明
高磯分観測所にも同様のものがある
観測所の前面に
残るトーチカ状構造物。これも使途不明
観測所前面からの眺め
東京湾が一望

前部の測遠機室 測遠機室内部
中央石柱は測遠機台座
砲台長位置と測遠機室 砲台長位置
背後の掩蔽部 掩蔽部背面
うっすらと迷彩塗装が残る
砲台長位置への階段 掩蔽部背面
右手が観測所への進入口
掩蔽部内部
計算室
同左。右側室への通路 同左。左側室への通路 側室内部


観測所手前に残る
使途不明の四つの石柱
入口の壁面。他の砲台と
共通のエンボス仕上げ
コンクリート外壁 内壁。内部は土で1m程度
埋められているようだ。