三軒家砲台

観音崎砲台マップに戻る
<沿革>横須賀市鴨居字三軒家
明治27年起工
明治29年竣工
大正12年関東大震災により損傷、昭和2年復旧
昭和9年除籍
加式鋼製二十七センチ加農砲4門は明治29年竣工
馬式十二センチ速射加農砲2門は、二十七加農砲台の側防用として明治28年竣工

<構造・現状>
二十七センチ加農砲座4基が一列に並び、その左一段下部に十二センチ速射加農砲2基を設置。砲座間には横墻が設けられ、その下部にレンガ造の砲側弾薬庫がある。第二砲座は潰され前面広場に出るための通路になっている。
速射加農砲台は、二十七センチ加農砲台の左手低地に位置し、石積み砲座が並列に2基設けられ、右横墻下部に弾薬庫があるが現在埋没している。
二十七センチ加農砲の左端横墻上に司令所観測室があり、円柱状の測遠機の台座が残っている。観測室下部はレンガ造付属室がある。窓はレンガで塞がれ、鉄扉がつけられている。背後の山には掘割した2本の通路があり奥にはレンガ造掩蔽部が2基残っている。
背後の階段を上った先に見張所と思われるコンクリート製円形基礎が残っている。 背部斜面には更に階段が続き砲台裏側の平地に至る。ここには昭和期に探照灯が置かれていたらしい。見張所の横には石組みによる楕円形の配水施設と思われる構造物がある。
現在、砲台跡は三軒家園地の一郭としてそのまま保存されている。砲座、地下弾薬庫、観測所、付属室、掩蔽部、井戸・便所跡、門等が一括して残っており、観音崎地区の諸砲台のなかでも貴重な遺構である。

(二十七センチ加農砲座)
直径約10mの砲座が4基並んで残る 砲座内に残る迷彩模様 付属室と各砲座を結ぶ伝声土管 明治41年版地図

(地下弾薬庫)
  
砲側弾薬庫。両方向に階段がつく 同左。内部 砲座間の横墻。この地下が弾薬庫 弾薬庫上の通気口  

(観測所)
観測所が設けられている左横墻 観測所。中央円柱は測遠機台座 付属室上の観測所へ上る階段 付属室正面
司令所の立面図及び平面図。立面図の赤線は手すりの推測。平面図の赤点線は付属室形状 付属室内部。内法は4×7×3m

(後背部掩蔽部)
掩蔽部への掘割通路 掩蔽部。並んで2基設けられている。 掩蔽部内部。入口は両側にある。 掩蔽部の反対側の入口

(12センチ速射カノン砲台)
 
砲座前面胸墻の石積み 砲座に残る砲固定用ボルト 砲側弾薬庫上の通気口  

(その他遺構)
後背部見張所への階段 見張所 井戸跡 門柱。両脇に残る