笹山砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市浦郷
明治21年起工、明治22年竣工、明治26年加農砲据付竣工、大正2年廃止通達、大正4年除籍、24センチ加農砲4門砲台

<構造・現状>
横須賀軍港防御のため、湾口北側の浦郷の先端部の高台に築かれた。 地図に描かれている砲台は、南北に4つの砲座が一直線に並び、その間に横墻がある。観測所は右翼横墻にあったようだ。
大正4年に除籍された後、大正8年敷地が海軍省に管理替えになり、周辺一帯は海軍航空技術廠となった。 戦後は、関東自動車工業の深浦工場になっていたが、関東自動車の横須賀撤退後、現在、バンテックの倉庫となっている。 山は削られ、周囲は埋立てられ、地形も変わり、遺構はもとより面影すら全く残っていない。
明治41年版地図

現在の航空写真。砲台の場所を茶色で図示している。 地上の様子。何の変哲もない工場地帯であるが、周りにはまだ海軍航空技術廠時代の建物が残っている。