米ケ浜砲台

砲台マップに戻る
<概要>横須賀市深田台
二十八センチ榴弾砲台 明治23年年起工、明治24年竣工、明治24年榴弾砲6門据付完成
二十四センチ加農砲台 明治24年年起工、明治24年竣工、明治24年加農砲2門据付完成
大正2年廃止、大正12年除籍
日露戦争の際、有名な旅順要塞攻撃に使われた28センチ榴弾砲は、米ケ浜砲台と箱崎砲台から運ばれたもの。
昭和2年より関東大震災により破損した田戸演習砲台、深田演習砲台の代わりに 二十八センチ榴弾砲4門の演習砲台として改築

<構造・現状>
当初は地図のとおり門を入って正面に二十八センチ榴弾砲6門の砲座が並び その右端に主観測所があったようだ。観測所の右横の一段低い場所に二十四センチ加農砲2門の砲座があった。改築後は不明であるが 二十八センチ榴弾砲6門の場所に4門の二十八センチ榴弾砲が据え付けられていたと思われる。
現在は、中央公園として整備されているがわずかに演習砲台として改築後の形状が残っている。 入口正面に左右にゆるやかに8の字型にカーブした土塁が残る。砲座の跡であろう。また、土塁の中央部やや左に2箇所 掩蔽壕が残り、その上部には通気口が2箇所残っている。土塁の右手の下段平地には二十四センチ加農砲台があったが、 面影はまったく残っていない。
明治41年版地図

現在、砲台の下
に京急のトンネルが走る
土塁上に平和の塔が建つ 中央公園として整備されている 土塁正面
砲台の遺構が残る
掩蔽壕。並んで2箇所残る
過去公衆トイレであった
掩蔽壕上部の石造り遺構
使途不明
掩蔽壕上部の通気口
千代が崎砲台と同型
土塁左上部の広場
往時は煉瓦で囲まれていた
土塁下部に残る往時の石積み 往時の煉瓦塀が現われている 土塁背後に残るレンガ構造物 二十四センチ加農砲台部分