J箱崎

箱崎はもともと半島であり、半島の最高所が吾妻山。明治22年の新井掘割開削により島となり吾妻島と呼ばれるようになったようです。
明治以降、吾妻島全体が海軍軍需部の貯油所(箱崎貯油所)となり、また西側の一部に火薬庫が置かれました。現在も吾妻倉庫地区(貯油所)として米軍管轄化にあり、海上自衛隊も吾妻島貯油所として共同使用しています。
写真は島最北部にある石油タンクで戦後造られたものです。旧海軍時代はこのあたりは石炭置き場であったようです。また、背後の丘陵には大正2年に廃止された箱崎砲台が置かれていました。

閉じる