横須賀軍港めぐり

TOPに戻る
横須賀港は江戸時代末期の横須賀製鉄所建設を契機として、横須賀鎮守府や横須賀海軍工廠などの各種海軍施設が次々と設置され、帝国海軍の最重要拠点として威容を誇っていました。戦後も、アメリカ海軍及び海上自衛隊に引き続き使用され世界有数の海軍基地としての地位を守っています。
2008年から猿島航路を運行するトライアングルが、横須賀軍港めぐりと称してこの横須賀港と長浦港をめぐる定期航路を開始しました。同社のパンフレットによると「世界最大最強のアメリカ海軍第7艦隊、日本最大の海上自衛隊艦船基地、軍港横須賀の今をその目で」とうたわれています。 実際のクルーズではガイドが、停泊している艦船や現在の施設について楽しく丁寧に案内してくれる。
本サイトでは少し趣向を変えて、ガイドでは紹介されない主に旧海軍施設に焦点をあてたヴァーチャルクルーズです。このサイトを見てから乗船いただくと横須賀、長浦軍港の歴史的魅力がさらに深まることと思います。
(補足)
空中写真を見てもよくわかりますが、現在、東京湾側の沿岸部で緑が残っているところはたいがい米軍基地か自衛隊基地(または旧軍施設跡)です。悲しいかな基地であったために緑が守られたのです。もし基地でなければ開発されて緑は失われていたのではないでしょうか。このことも忘れてはいけない事実です。

国土画像情報(カラー空中写真)国土交通省加工
軍港めぐり乗場門
イオン(旧ダイエー)裏にある浮桟橋
シーフレンドX。定員177名。全長24.6m

現在の運行船、シーフレンド7(26.20m、定員平水 250名)


YOKOSUKA軍港めぐり
・運賃:大人1,400円、小学生700円
・出港時刻:11:00、12:00、13:00、14:00 15:00 周遊時間:約45分
 *10:00便、16:00便が不定期運航
★6か月前から前日まで予約可能です。大人気のため予約をお勧めします。⇒予約サイト

運行会社:潟gライアングル 046-825-7144(平成30年8月1日現在)