26軍需部新井地区

比与宇地区の対岸にあたる場所で、写真右手になります。潤滑油と揮発油のパイプラインが本土につながっていました。現在は、アメリカ国旗が翻り倉庫や事務所などの建物が立ち並んでいます。
なお、島側と陸側と両方とも桟橋に屋根つきのガラス張りの待合所が設けられていますが、こういうところはさすがアメリカですね。

閉じる