21軍需部長浦地区

現在、海自艦船補給処と相模運輸倉庫の倉庫地帯ですが、もとは軍需部長浦地区の倉庫地帯です。田浦駅裏にあたり、兵器庫、水雷庫、電気庫、砲銃庫などが立ち並び、砲身、砲架、魚雷、機雷、発電機、通信機、探照灯、航海兵器などが格納されていました。戦争末期には空襲対策として何棟か解体されたが、現在も、多くの施設が外観は改修されているものの現役で使用されています。写真右手の大きな倉庫が第三電気庫、中央の切妻屋根の倉庫が第三水雷庫です。

閉じる