33港務部

明治33年に設けられた横須賀海軍港務部のあった場所。木造の庁舎のほか、工場や倉庫が建っていた。港務部とは、鎮守府ごとに置かれ軍港水域の警備、艦船の係留、出入渠、浚渫、運輸など港務全般を担当しました。
現在は、横須賀地方総監部の庁舎(写真左端)などが立地する逸見庁舎地区です。年1回サマーフェスタと銘打って開放されます。

閉じる