防御営造物標石(三崎砲台)

軍事遺物
戻る

陸軍設置の防御営造物標石で、三崎砲台の金田繋船場から砲台までの軍道沿いに設置されたものと推定する。
標石は、コンクリート製、幅18cmの角柱で、片面に約8pの四角に削った面に「陸」の文字、その裏面に、同様に約25p×7pの方形に削った面に「防」とその下部に通し番号が刻まれている。数次の並びから考えて、砲台から繋船場に向けて番号が振られている。
なお、この軍道途中には特21号国道の終点を示す道路元標も残っている。
@ 防一七七 A 防一八六 B 防一八七 B 番号は不明 「陸」 C 防一九三
当時のものと思われる石垣
特21号国道の終点を示す道路元標。
久里浜街道から三崎砲台間を結ぶために造られた。始点は菊名らしいが、元標は発見していない。

特とは、大正8年の旧道路法により定められた軍用道路のことで、 「東京市ヨリ神宮、府県庁所在地、師団軍司令部所在地、鎮守府所在地又ハ枢要ナ開港ニ達スル路線」に設定されていた。翌年更に「主トシテ軍事ノ目的ヲ有スル路線」として26路線が定められた。その後、追加され、終戦時には41路線が存在していたようである。

因みに、三浦半島内では、
特23号:31号国道から横須賀海軍航空隊、追浜飛行場間
特34号:31号国道横須賀市中心部から海軍横須賀通信学校間
特36号:横須賀海軍航空隊から海軍第一燃料廠間
特41号:横須賀海軍工廠から第二海軍火薬廠間
が存在していた。