陸軍用地標石(陸軍病院)

軍事遺物
戻る
陸軍病院の敷地を示す用地標石。明治24年に東京予備病院横須賀分院(別名要塞病院)として現在地に移ったことから、この頃に設置されたものと推測する。
かっては敷地の周囲に置かれていたと推測されるが、現在は、北側に10基ほど残っている。御影石製で幅は21.5pから23p、奥行は21pから22p程度、地上部分の高さは35pから40p程度である。地中部分は露出しているだけでも50pある。陸軍用地の文字は全て外側の面に刻まれている。C、F、Gはサイズが異なり別な標石の可能性もある。

@幅22.5p、奥行21p、地上高40p

A幅23p、奥行22p、地上高40p

B幅23p、奥行22p、地上高35p

C幅18p、奥行18p

D幅21.5p、奥行21.5p、地上高35p

E

F

G

H

I