海軍用地標石(城山防空砲台)

軍事遺物
戻る

城山防空砲台の敷地境界標石であろう。同砲台は館山航空隊基地防衛を目的として、昭和16年、開戦前に構築された。
標石は15p(1寸)角のコンクリート製で角が面取されている。刻字は1面にのみあり「海軍用地第〇〇號」と刻まれている。  三浦半島では、海軍用地標で番号付きは見たことがない。
九〇号 一一二号 一一四号