海軍標石(第二海軍航空廠補給部谷戸田注填場)

軍事遺物
戻る

第二海軍航空廠の補給部池子工場用地(谷戸田注填場)の標石である。敷地北側の尾根沿いに残っており、9基確認(C除く)できた。ここは池子といっても池子に隣接する横浜市域側にあたり、谷戸田注填場と呼ばれている。毒ガスを扱っていたらしい。
標石は、1辺が15cm、高さ60cm程度(地上部)のコンクート製四角柱であり、面取はない。頂面には十字が刻まれている。刻字は1面のみで海軍マークと「海軍」の2文字が刻まれているが、字体は珍しいゴシック体である。
さらに西の逗子市域の軍需部用地には、尾根沿いにコンクリ−ト塀が巡らされており、その外側に所々標石が残っているようだ。塀のない南側には5基確認できた。
なお、戦後、米軍に接収され防衛施設局の標石が設置されているが、一部この海軍標石が代用されているようである。
@ A B Cサイズと材質から推測 D
E F G H I
戦後の防衛施設局標石
第二海軍航空廠の補給部池子工場用地の南側の標石である。基本的には京急線沿いに境界があったようである。なお、L、Mの標石は別タイプの標石である。海軍マークは押しつぶされたように変形し、海軍の文字も雑な感じ、彫りこみも浅い、材質も悪くなっているようで、後期型の標石なのであろう。
K L
M N