軍艦河内殉難者之碑(馬門山墓地)

軍事遺物
戻る

軍艦河内は、明治45年、横須賀海軍工廠で建造された排水量20800トンの日本初のド級戦艦である。大正7年7月12日、山口県徳山沖で火薬庫の爆発によりに沈没した。軍艦筑波爆沈の翌年であった。乗組員1059人の内、死者621人という大惨事であり、碑は、翌大正8年2月に建立された。揮毫の正木義太とは、爆沈当時の河内艦長であり、後、海軍中将に進んだ。
台座の周囲には殉難者のうち行方不明者の階級・氏名が刻まれている。
なお、多くの遺体が流れ着いたという徳山湾の仙島にも高さ10mもの慰霊碑が建てられている。
碑高210p、幅60p、厚さ60p、台石65p、台座90p。
所在:馬門山墓地(横須賀市)

(刻字)
碑正面:「軍艦河内殉難者之碑」
碑裏面:「大正七年七月十二日爆沈 大正八年二月建之 正木義太書」
台石正面:
「殉難者海軍機関中佐 飯島□□□五名士官十一名□□官五名官士官二十名下士□□七十一名傭人九名
 内遺体未収容者氏名 海軍主計少監 伊藤寛甫  海軍機関少尉 渡部丈太郎  海軍兵曹長 川瀬□□
海軍上等兵曹 小野弥太郎 入江宜治 鈴木淳一 加藤甚之助
海軍上等機関兵曹 小野寺仁右衛門 松尾甚吉 □□次郎
□□□兵曹 □藤繁一 矢橋義郎 土方友次郎 奥山海三郎 伊藤許之
海軍ニ等兵曹 山田新五郎 □地錦□□ 佐藤七郎 仙田清夫 中村才次郎 渡邉廣吉 土井善蔵 齋藤清一
千葉寅二郎 橋□□郎 千□□誠 平野□三郎」
台石左面:
「□□□太郎  □□□等兵曹 山下宗次郎 小野文吾 菊地政一郎 茅根二郎 菊地清太郎 大川喜藏
渡邉元松 長濱濱吉 金原米□
海軍ニ等機関兵曹 芳賀啓正 名倉芳太 野崎年
海軍三等機関兵曹 谷津政雄 菅原留次郎 小俣健作 矢澤春太郎 瀧□一 □□福彌 三木□□郎
海軍三等□□□ 橋勝治  海軍一等□□ 橋恵□吉
海軍一等水兵 味岡武一 滝本□太郎 鈴木正己 清水守雄 □藤喜一郎 渡邉□吉 門脇勝右エ門
小澤信齊 青木捨一郎 中島清□
海軍ニ等水兵 竹川寛一 千葉三樹二郎 □木秀吉 白鳥□祐 野島□七」
台石裏面:
「□□喜一 □□清市 山田積善 川口喜伴 秋山忠信 佐藤直蔵
海軍三等水兵 石垣榮 片岡武雄 松枝與三郎 伊藤金之□ 佐竹仁右エ門
海軍一等機関兵 渡邉喜太郎 相羽喜市 石橋信 杉田武一 坂下三助 菅原雄治郎 鈴木治次 □□幸七
海軍ニ等機関兵 関□孝 岡澤□□ 坂本剛男 苫米地正悦 須山正太郎 小林與 鷲頭多吉 北山邦麻呂
河合時治 細田徳次郎 飯村政雄 橋久太郎 矢畑卯兵衛 石田藤太郎 都築音太郎 山田良作
海軍三等機関兵 茂木今朝松 田谷平四郎 中村覺 佐藤□一 西村□一」
台石右面:
「有□□太郎 大□金吾 日下聲一 小倉兼次郎 菅生武夫 齋藤寅義 八巻武右衛門 磯野新二 田部久光
加藤秦次郎 中嶋賢一 金成熊□□
海軍一等主厨 成田秀四郎  海軍ニ等主厨 鈴木新 割烹 矢尾板□九治 給仕 菱田彦兵二 中澤幸二」