通校神社(海軍通信学校)

軍事遺物
戻る

海軍通信学校は、新校舎が竣工し、昭和14年11月に田浦から久里浜の地に移転した。この通信学校に祀られていたのが通信学校神社(通称:通校神社)である。
通信学校庁舎前の、現在、海軍通信学校の碑がある場所に造営されていた。 これが戦後、いきさつは不明であるが、久里浜長安寺に移築されている。 80p高の台座上に、約290p高の社殿が建つ。工作神社に比べかなり大きい。