トップへ
三浦半島は、かって、海軍、陸軍のさまざまな施設が存在した一大軍事半島でありました。慶応2年の横須賀製鉄所(後の横須賀海軍工廠)の創設を契機として、明治17年に横浜から横須賀に鎮守府が移転、その後、様々な海軍施設が設置され、わが国の最重要海軍拠点となりました

一方、東京湾防備のための砲台が、明治13年に本邦初の西洋式砲台として観音崎に起工されて以来、沿岸要所に多くの砲台が建設され、これに伴い、要塞砲兵連隊、要塞司令部などの陸軍施設が設置されました。

そのため、三浦半島全域が東京湾要塞地帯に指定され、要塞地帯法により写真撮影の禁止など市民生活に様々な制限が加えられたのです。 太平洋戦争期には、空襲に備え、あらゆる施設が地下化されていきました。その結果、三浦半島は、全国最多の地下壕エリアとなりました。

戦後、これらの施設は、引き続き米軍や自衛隊に使われている他、多くは軍転法により学校、公園などの公共施設や工場等に変貌しています。

本サイトは、東京湾要塞地帯であった三浦半島(含む内房)に存在した軍事施設について調査し、その現状を紹介し、後世に伝えて行くことを目的としています。

 @砲台や本土決戦陣地は「砲台と本土決戦基地」をご覧ください。
 Aソフト面については、「東京湾要塞の軍事文物」をご覧ください。
 B新たにアップした項目にはNEW、修正した項目には更新を記載しています。他地域の軍事施設は小さいポイントで表示しています。


横須賀重砲兵連隊
東京湾要塞司令部
築城部大矢部倉庫
横須賀憲兵分隊
久里浜憲兵分遣隊
田浦憲兵分遣隊
陸軍重砲兵学校
横須賀陸軍病院
横須賀陸軍病院走水分院
衣笠弾薬本庫
観音崎弾薬庫
矢の津弾薬庫
洲崎弾薬支庫
陸軍墓地
陸軍技術本部富津試験場(富津射場)
第九陸軍技術研究所(登戸研究所) ・・・

横須賀線
横須賀海軍共済病院
横須賀海軍共済病院長浦分院
横須賀海仁会病院
下士卒集会所
海軍指定旅館
料亭「小松」
軍需工場
・・・

標石⇒更新
石碑(戦争碑:慰霊碑、記念碑等)⇒
現存兵器類・寺社奉納物等⇒更新
戦病没者慰霊施設・平和祈念施設(慰霊堂、招魂社等)⇒
空襲遺構更新
児玉神社
東郷神社
海軍工作神社
通校神社
稜威神社跡
追濱神社跡
雄飛神社(幼空神社)跡
濱空神社
軍需神社跡
水雷神社
弥心神社
若獅子神社
官修墓地
長州藩官修墓地
弾痕残る鉄板
下瀬火薬標的用鉄板
井上成美邸
記念艦「三笠」
・・・

このページのトップへ
情報の不備、誤りなどありましたら是非ご教授ください。
制作:2007年12月、デビット佐藤
禁無断転載
Copyright 2001 David Sato All right reserved.