トップへ戻る
要塞とは、辞典によると「国防上重要な場所に設けられた軍事的な防備施設」と説明されています。 具体的には、多数の砲台を効果的に分散配置し、攻めてくる敵を撃退するために作られた施設です。
・その構成は、砲台とその付属施設である司令部、観測所、電源施設、兵舎、弾薬庫などから構築され、 これらは、敵の攻撃に耐えられるように強固で、また敵に発見されないように遮蔽、偽装が施されます。
・江戸時代後期、異国船を撃退するために東京湾を囲む三浦半島、房総半島に台場(砲台)が設けられましたが、 これが日本における要塞の嚆矢となります。幕府から政権を受け継いだ明治新政府は、外国からの侵略に備えて台場にかわり、新たに西洋式砲台を築き東京湾防備に力を注ぎました。 これが東京湾要塞であり昭和20年の敗戦まで存続しました。
本サイトは、明治から大正にかけて東京湾を囲むように三浦半島、房総半島に築かれた陸軍砲台および太平洋戦争末期に本土決戦に向けて海軍によって築かれた洞窟陣地、防空砲台、特攻基地等の防衛拠点について調査し、その現況を紹介し、後世に伝えることを目的としています。
 *防衛拠点以外の陸海軍の各種軍事施設は、「東京湾要塞の軍事施設」をご覧ください。

↓下記ボタンからマップを選択し、進んでください。↓
東京湾要塞砲台マップへ移動 太平洋戦争本土防衛拠点マップへ移動
東京湾要塞の沿革
(明治〜大正期)
東京湾口に位置する三浦半島及び内房には、江戸後期から異国船の来航に備え各地に台場(砲台)が築かれていました。
明治新政府になって、帝都、商港横浜及び横須賀軍港の防備の要として更にその重要性は増大し、新たに観音崎地区をはじめ、走水、猿島、千代ケ崎、米が浜、箱崎、笹山、夏島、東京湾上(海堡)などの要所に 砲台が整備されました。 これが、東京湾要塞であり、明治32年に制定された要塞地帯法により、地帯内での種々の行為に厳しい制限が設けられ、住民は不便を強いららました。
東京湾要塞は、日露戦争までには一応の完成を見ましたが、その後、残念なことに兵器の発達等により旧式、不要となってしまい、 大正期には多くの砲台が 廃止となりました。
そして、追い討ちをかけるように大正12年の関東大震災によりほぼ壊滅状態となってしまいました。
直ちに復旧が行われましたが戦略上不要となったものや復旧不可能な砲台は 除籍、廃止となり、
要塞整理事業の中で新たに剣崎、城ヶ島砲台などが竣工しました。また、千代ケ崎など軍縮条約によって廃艦となった軍艦の砲塔を利用した砲台も現われました。 明治期の砲台は現在でも、観音崎、走水、夏島、猿島などに、その貴重な遺構を残しています。特に、観音崎第一砲台、第二砲台は、日本で初めて建設された西洋式砲台として大変貴重な遺構であり、猿島、千代ケ崎砲台とともに、文化財として、復元、保存が切に望まれます。
砲台年表

(昭和〜太平洋戦争期)
このような変遷を辿った東京湾要塞は、昭和初期には内容を一新して、房総半島南部の砲台と 合わせ東京湾口外で縦深な防御網を構築しました。
しかし、大戦末期には敵の本土上陸に備えて、三浦半島の防衛は横須賀鎮守府の担任となり 水際決戦の方針 のもと沿岸各地には、海軍が新たにカノン砲を備えた 洞窟砲台(海面砲台、平射砲台) や上陸予想地点には機銃狙撃用の洞窟陣地を築きました。
砂浜には厚いコンクリートで覆われたトーチカが築かれ、 沿岸には特攻用モーターボート(震洋)、特殊潜航艇( 海龍、回天)、人間機雷( 伏龍)といった水上・水中特攻兵器の基地が 設けられました。 更に、空に対する備えとして防空砲台( 高角砲台、機銃砲台 )が要所に構築されました。
防空砲台は敵機の襲来に対して実際に火を吹きましたが、海面砲台、特攻基地等は幸いにも、本土決戦が回避されたため、 実戦に使用されることはありませんでした。 この敗戦をもって東京湾要塞の歴史の幕は閉じられたのです。

マリンスポーツやバーベキューなど四季を通じて思い思いのレジャーを楽しむ人々。東京湾岸の海辺は、首都圏のマリンレジャーのメッカです。 その海岸の背後にはポッカリと口を開けている洞窟があります。この中のどれほどの人が、この洞窟が本土決戦陣地であり、一歩間違えば沖縄戦と同じ悲惨な状況がこの三浦半島でも起こり得た事実を知っているでしょうか。
明治初期、近代国家の威信をかけて構築された砲台、そして時代が下り一億玉砕の掛け声のもと、その最前線として決死の覚悟で建設された本土決戦用の沿岸築城や特攻基地群。
戦後、70年以上が経過し、開発や不要なものとして埋められ破壊され姿を消しつつあります。資料も少なく、世の中からその存在が忘れ去られようとしている現在、歴史の生き証人として後世に伝えていきたいと考えます。

◆お願い
今後、内容の充実を図っていきたい考えておりますが、当時のことを知る人は年々少なくなっています。
写真や資料などをお持ちの方、また砲台等の具体的な位置や内容などの情報をお持ちの方是非ご一報下さい。また誤り等もございましたらご指摘下さい。ご協力よろしくお願いします。

参考文献:東京湾要塞歴史、三浦半島城郭史、目で見る三浦市史、幻ではなかった本土決戦、横須賀海軍工廠外史ほか多数
 
制作:2001年10月、デビット佐藤
禁無断転載
Copyright 2001 David Sato All right reserved.