油壷湾・諸磯湾

海軍特攻基地
要塞マップに戻る
三浦一族の最後の戦となった荒井城攻防戦で血に染まったと言われる油壷湾も、 今は色とりどりのヨットが浮かび、三浦の風物詩となっている。
昭和20年、東京帝国大学臨海研究所を本部として、横須賀鎮守府所属、第1特攻戦隊、第11突撃隊(藤田部隊)の基地がおかれた。 第11突撃隊は、第1〜3海龍隊(36隻)、第14回天隊(6隻)、第27、56震洋隊(100隻)に 編成され、各舟艇は、油壷湾、小網代湾、諸磯湾、江奈湾の湾岸に掘られた洞窟に格納された。
因みに、特攻戦隊は、第1から第8戦隊まで編成され、全国の太平洋沿岸部に展開していた。因みに突撃隊は嵐部隊と呼ばれていたため、第11嵐部隊という。
(油壷湾)

本部が置かれた東大三浦臨海研究所本館。本部は、油壷の先端付近に
立地していたが、格納庫や 関係施設は現在の油壷公園付近に集中して
いたようだ。
@油壷公園周辺の詳細については
陸軍が明治28年に銚子から移した
験潮所。海水面の高さを計測して
いる。現在は、国土地理院が管理
験潮所脇の洞窟。人工物だが
天井が低く基地の施設とは思わ
れない。やぐら跡かもしれない。

A壕。形状が震洋格納庫に似ている。
海龍格納壕ではないと思われる。
A壕内部。最奥部が一段高い
ステージ状になっている。
A壕内から入口を見る。

B壕。海龍格納壕であろう。
入口はコンクリートで塞がれている。
C壕。これも海龍格納庫である。
現在、東大地震研究所の地殻
変動観測坑として利用されている。
C壕前に残る、軌道の基礎跡。 D壕。間口2.5m四方、奥行5m
程度の小さな壕である。

E臨海研究所の近辺海岸部に
幾つか使途不明な施設がある。
写真は扉付ブロック塀がはめ
込まれた壕。
左写真の壕の右脇に階段があり、
(写真中央部)上部にも壕がある。
上部の壕。広い間口全体がコン
クリートで塞がれている。左端に
はドアが設けられている。
ここも同様。海蝕洞のようであり、
基地とは関係のない研究所施設
かもしれない。

諸磯湾側については