油壷湾・諸磯湾

海軍特攻基地
要塞マップに戻る
三浦一族の最後の戦となった新井城攻防戦で血に染まったと言われる油壷湾。 今は色とりどりのヨットが浮かび、三浦の風物詩となっている。
太平洋戦争末期の昭和20年、東京帝国大学三崎臨海実験所を本部として、横須賀鎮守府所属、第1特攻戦隊、第11突撃隊(藤田部隊)の基地がおかれた。 第11突撃隊は、第1〜3海龍隊(36隻)、第14回天隊(6隻)、第27、56震洋隊(100隻)で編成され、海龍隊は、油壷湾、諸磯湾、第27震洋隊は小網代湾、第56震洋隊は、江奈湾に展開、来る本土決戦に向けて、基地整備と訓練と準備を進めていた。なお、回天隊は小田和湾に予定されたが未展開に終わった。
因みに、特攻戦隊は、第1から第8戦隊まで編成され、全国の太平洋沿岸部に展開していた。因みに突撃隊は嵐部隊と呼ばれていたため、第11嵐部隊という。
(油壷湾)

本部が置かれた東大三崎臨海実験所本館。本部は、油壷の先端付近に
立地していたが、格納壕や 関係施設は現在の油壷公園付近に集中して
いたようだ。
@油壷公園周辺の詳細については
陸軍が明治28年に銚子から移した
験潮所。海水面の高さを計測して
いる。現在は、国土地理院が管理
験潮所脇の壕。天井が低く
倉庫であろう。

A壕。形状が震洋格納庫に似ている。 A壕内部。最奥部が一段高い
ステージ状になっている。
A壕内から入口を見る。

B壕。海龍格納壕であろう。
入口はコンクリートで塞がれている。
C壕。これも海龍格納庫である。
現在、東大地震研究所の地殻
変動観測坑として利用されている。
C壕前に残る、軌道の基礎跡。 D壕。間口2.5m四方、奥行5m
程度の小さな壕である。

E本部の近辺には作戦室、受信室
の地下壕があった。
間口全体がコンクリートで塞がれ、左端に
はドアが設けられている。
現在も実験所の施設として使用されている壕

諸磯湾側については