横須賀海軍工廠造兵部沼間機銃発射場

海軍施設
戻る

機銃工場で製造された機銃の試射(発射試験)を行う場所である。昭和11年に機銃工場脇の防備隊敷地の地下に機銃射場(現存)がつくられたが、機銃の増産にあわせて昭和15年この場所に新設されたものです。面積は約8万平米で射程約200m、施設には銃座のほか検測所や火薬庫、番舎などがありました。
地名は柚子沢ですが土地の人は発射場と呼んだようです。
現在、住宅地となり、施設の遺構は残っていません。射朶のあたりは、横浜横須賀道路が横切っています。直線に切り取った崖と一直線の敷地が射場であったことを物語っています。

現在の発射場跡。細長い住宅地です。
射朶に向かって右手の崖。直線に削られている。 突当りの射朶のあたり。横横道路が横切っています。 火薬庫の跡。住宅が建っています。