横須賀海軍工廠造兵部深澤分工場村岡工員寄宿舎

海軍施設
戻る

横廠造兵部の疎開拡張工場である深澤分校場へ勤務する女子動員学徒や女子挺身隊などの宿舎である。深澤分工場が昭和18年10月開場であるため、この寄宿舎も同時期に建設されたものと思われる。
木造平屋の寄宿舎が8棟並び、収容人員は1000名(別資料では400名)である。敷地面積27,000u。付属施設として事務所、烹炊所、浴場、病舎が各1棟が建てられていた。寄宿舎入口は事務所脇にあった。
柏尾川を挟んで南側には川名工員寄宿舎があった。

(現状)
事務所、烹炊所、第一、第二寄宿などがあった敷地南側は住宅や工場が立ち並んでいる。第四寮以降の北側敷地は、畑になっている。
寄宿舎があったことを偲ばせる遺構は、なにも残っていないようである。
正門近辺の現在 第五寮、六寮付近の現在