横須賀海軍工廠鴨居倉庫

海軍施設
戻る

横須賀海軍工廠会計部材料課に所属する雑品倉庫で、工廠で使用する原材料や部品、衣食住に関する物資などが保管されていた。このような倉庫はほかに駒ケ作や衣笠、また横浜や鶴見にもあった。大戦末期には横浜、鶴見の倉庫は空襲により破壊されたため、疎開物資の重要な倉庫となったようである。また、東西の崖には空襲から守るために防空壕が掘られ、物資が格納された。幸いにも鴨居倉庫は空襲を免れ、戦後、鴨居小学校に転用された。その後、北側敷地に鴨居中学校が建設され、現在は、鴨居地区の学校施設に変貌した。

鴨居小正門。古めかしいもので、
かっての正門ではないか?。
鴨居中。北側から写す。 西防空壕。 西防空壕