陸軍墓地

陸軍施設
戻る

明治時代に陸軍重砲兵連隊の墓地として設置された。平作公園に隣接するこじんまりした一角が墓地で、施錠されており立入禁止となっている。敷地の周囲にかって設置されていた「陸軍用地」の標石が若干残っている。
横須賀市が設置した説明板があるので、以下転載する。
「平作旧陸軍墓地は、昭和26年4月1日旧軍港市転換法により本市に移管されたものです。ここの墓地には、第1次世界大戦の戦没者23柱が祀られているほか、横須賀重砲兵連隊の戦病死した軍人の遺骨約400柱が祀られているものと伝えられています。 終戦時の混乱と関係者の急な復員のため記録類は逸散し、英霊の遺族も明らかでありません。その後墓地は墓標の折損等もあって荒廃していましたが、昭和39年10月地元各位の協力により散在していた遺骨を集め改葬し、周柵、参道等を整備し、昭和48年には慰霊碑を建立し、英霊の冥福を祈るものであります。」

背の高いものは招魂碑 墓地入口 陸軍用地標石