東郷神社(渋谷)

軍事遺物(その他地域)
戻る

軍神東郷平八郎を祭神とする神社である。
昭和9年5月30日の東郷元帥の逝去後、全国からの神社創建の要望の高まりを受けて、昭和15年5月27日の海軍記念日に創建された。勝利の神である。
由緒沿革については、神社の説明板を転載する。

「東郷神社
御鎮座地 東京都渋谷区神宮前一丁目五番地三号
祭神 東郷平八郎命(とうごうへいはちろうのみこと)
例祭日 五月二十八日
御社殿 神明造り七十六坪
境内地 八千四百余坪(二七、七二〇平方メートル)
由緒沿革
東郷平八郎命は弘化四年(一八九七年)薩摩藩士東郷吉右衛門の 四子として鹿児島市加治屋町で生まれ昭和九年(一九三四年) 五月三十日八十八歳で東京麹町三番町で薨去されました 明治四年(一八七一年)二十四歳のとき英国留学七年間海軍士官 としての修業をつまれました 以来軍務に精励し同三十七年、八年 (一九〇四、五年)の日露戦役に連合艦隊司令長官として艦隊を指揮し 特に同三十八年五月二十七日、八日の日本海海戦で露国のバルチック 艦隊を迎えて旗艦三笠にZ旗を掲げてこれを打ち破り世界海戦史上 名高い完全勝利をなし遂げ国難を救ったことは有名であります
大正三年(一九一四年)東宮御学問所総裁として時の皇太子教育 の重大な責任を果され明治、大正、昭和と三朝に至誠一貫臣節を全う されました その功績に対し元帥海軍大将従一位大勲位功一級侯爵の 栄誉が贈られ高い人格と陰影なきまごころの人として日本だけでなく 世界の人々からも「アドミラル大東郷」として尊敬されるようになりました
昭和九年九月財団法人東郷元帥記念会が設立され全国民崇敬者の 協賛により同十五年五月(一九四〇年)創建鎮座祭を執行し 府社となり別格官幣社列格寸前の同二十年(一九四五年)五月 戦災により一切炎上しました
戦後は仮殿に奉斎 同三十九年 (一九六四年)の祭神三十年祭を目標として同三十三年五月復興奉賛会 の設立となり全国崇敬者の絶大なる協賛を得て御社殿復興 同三十九年五月二十七日御遷座祭を執行し二十八日竣工 奉祝祭並に 三十年祭が盛大に斎仰されました 同五十九年(一九八四年)は祭神の 五十年祭並に復興二十年記念祭に相当するので数年を費して 神符授与所 透塀、西参道灯篭四基、北参道鳥居再建、池の改修 井戸新さく、旧東郷邸より移築の土蔵の再建等境内整備を進め 同五十九年五月に五十年式年例大祭、次いで命日祭・五十年 墓前祭(於多摩霊園)が厳修されました
平成二年(一九九〇年)には御鎮座五十年記念に当り崇敬者各位の據金に よって御鎮座五十年記念事業として御社殿改修、神池の整備、社務所・ 和楽殿の改修・新築、記念出版等を完遂しました。」

境内には、海軍ゆかりの碑や記念物が奉納されており、併せて訪れたい。 賑やかな原宿、竹下通りに隣接しているにもかかわらず、静寂に包まれた別世界である。 なお、他に福岡県福津市にも東郷神社があるが、こちらの創建は昭和46年と新しい神社である。

(境内にある海軍ゆかりの奉納物)
第一駆逐隊奉納燈篭
水交神社鳥居
海軍経理學校正門敷石
海軍特年兵之碑
潜水艦殉国碑
砲弾
表参道、明治通りに面している。 神池。鳥居は旧水交神社の遺構。 神門
手水舎 社殿 東郷記念館