横須賀海軍軍需部長浦地区地下壕

海軍施設
戻る

長浦倉庫の裏手丘陵に構築された地下壕。主に一課の軍需品(兵器関係)を格納していたものと思われる。
壕は碁盤上に構成され、開口部付近は幅2m程度であるが、奥は4mの広い空間が構築されており、収容力はかなりありそうである。 素掘りであるが、崩落、浸水などの場所はなく、比較的良好な状態である。奥部に1箇所コンクリート巻き立ての部屋Gが造られている。 なお、上部への抜け穴Iがあるがここは崩落している。 水雷学校にも隣接しているため、その防空壕としても使われたであろう。

@開口部に向かう通路幅2m高さ2m  

A両側に溝が刻んである

B水槽が設置してあった

C幅4mの壕

D壕の大きさの違い。倍である

E壁の溝に木材が渡されていた

F開口部。土嚢で塞がれている

Gコンクリート部屋。3.5m×7.5m

G部屋奥の角に掘削の跡が・・・

H

I上部へ抜ける通路。途中崩落