江の島

洞窟砲台
要塞マップに戻る
江の島は大戦末期本土決戦の浮沈艦として陸海軍によって要塞化された。三浦半島の防衛は海軍の担任であり、横須賀鎮守府長官の指揮のもと、海岸砲や洞窟陣地、高角砲陣地などが要所要所に配置されていた。江の島にも横須賀海軍特別陸戦隊の海面砲台が構築されていたが、第五十三軍の管轄下であり陸軍部隊も洞窟陣地を構築していた。砲台は、島の東岸と西岸にあった。東岸は居住地区になっており調査不明である。 西岸には、海軍砲(14又は15cmカノン砲)2門と複数の洞窟陣地が残されている。貫けていないものが多く、構築中に終戦になったものであろう。うち4箇所について内部を調査した。

@壕口遠景 A壕入口。機関砲などを据えたものか B壕最奥部。壁にはじゅうじの跡が残る

C内部から入口を見る D右手壕内部 E左手壕の最奥部。

F第1海軍砲台 G砲室から砲口 H砲室から奥の通路
I出口 J出入口外観

K第2海軍砲台出入口 L壕内部 M砲室裏の通路口
N砲室から砲口 O砲口の鉄筋コンクルート枠 P観測所への通路階段
Q観測所 R観測所外観

住居にされている壕は調査できず 東岸の砲口らしき場所。調査不能 同左