小 坪

高角砲台(防空砲台)
要塞マップに戻る

「披露山公園」は、相模湾を見渡す風光明媚な高台にあり、展望台や小動物園もある逗子の観光名所である。 しかし、この公園は海軍横須賀警備隊の防空砲台跡を公園にしたもので、猿舎や花壇、売店などは砲台施設をそのまま活用して建てられている。
横須賀海軍警備隊 第三高角砲大隊所属 小坪高角砲台と言い、12.7センチ連装高角砲2基、25ミリ連装機銃2基が設置されていた(横須賀海軍警備隊昭和20年7月31日戦闘詳報による)。この他、96式150糎探照灯2基、「ヱ」式聴音機2基、4米高角測距儀(引渡し兵器目録によるとステレオ式4米半測距儀)なども備え、昭和17年6月27日には主要装備が完了していたらしい。  なお、同詳報によると、昭和20年7月18日の横須賀軍港を襲った空襲の際、同砲台の戦果として敵艦載機を撃破1、撃墜1と記録にある。
地元の人の話では、 売店の場所は指揮所で、裏に弾薬庫があり、売店の前の花壇と猿舎の先の広場には機銃が配置され、駐車場には兵舎が、そして一山先の大崎公園にも小機銃が設置されていたらしい。しかし、昭和21年の航空写真によると花壇の場所は高角砲座で、駐車場にも小さい建物があるが兵舎は北側に見える。また、南の砲座の先、1段低地の場所にも何か施設がある。土地の形状が当時のまま残っており、防空砲台の施設配置が良くわかる例である。
米軍撮影の空中写真(S21.2撮影) 現在の砲台跡。披露山公園 砲座写真

猿舎内部。すり鉢状の高角砲の砲座をそのまま利用している様子が良くわかる。 展望台。この場所にも機銃か測距儀
などなにか施設があった。

機銃のあった言われる場所。公園の突端部分 中央の円形花壇。ここにも高角砲が設置されていた。 売店。この場所には指揮所が建てられており、裏には何かの台座らしき構造物が残っている。また、弾薬庫があったらしい。 売店の基礎部分。当時の構造物の基礎部分が残っている。売店の裏にも残っているようだが立入禁止であった。

売店裏の構造物。 砲台に登る切通し状の通路。 通路の右壁に弾薬庫へつながる入口
(塗り込められている)が残る。
現在の駐車場。ここにも兵舎が
建てられていたようだ。