馬 堀

狙撃用洞窟陣地
要塞マップに戻る

馬堀海岸の埋立てにより地形が大幅に変わっているが、埋立前は山裾まで海であり、その岩崖に陣地が構築されていた。60粍位の砲が4門設置されていたらしい。抱壁工事や民家背後のため調査不能であるが、3個所は遺構が確認できる。

陣地入口。高さ160cm、幅2m。砲口
部分は自然洞窟を利用したようで、
開口部は3箇所ある。
入口から内部を見る。壁には灯り台
が数カ所刻まれている。
中央開口部。内部は崩落が激しい。
内部から向かって左の開口部。
自然の穴のようだ。
右の開口部。半分以上埋もれている。 この陣地の下部にも別の壕があ
るが、土砂で埋もれている。
別の場所の壕入口。ここも土砂で塞がれている。