野島浦

高角砲台(防空砲台)
要塞マップに戻る

横須賀海軍警備隊 横須賀地区高射隊 第二高角砲大隊 野島浦高角砲台という。 野島の山頂に構築されていた。横須賀航空隊の滑走路脇に位置する重要な砲台。砲台の地下には、大戦末期、滑走路につづく巨大格納庫が作られた。 昭和20年7月の段階で、10センチ連装高角砲2基、25粍連装高射機銃1基、13粍連装高射機銃1基。人員122名。 (横須賀海軍警備隊昭和20年7月31日戦闘詳報による)
現在、砲台は横浜市野島公園となっており、大勢の方が訪れる観光地となっている。砲台のあった山頂にはシンボルの展望台が建ち、360度のパノラマが楽しめる。遺構は全く残っていない。連装機銃を11基も備えた野島浦機銃砲台も設置されていたが場所も遺構も不明。

砲台へ上る軍道。今は展望台への
散歩道となっている。
砲座直下。正面が砲座の有る山頂部。
左右から囲むように登って行く。
山頂の展望台。かっての展望台は、海の側に建てられていた。 山頂全体が平坦な芝生広場になっている。